『ガンダムUC』MSVより、青と白のバイアラン・カスタム2号機が再販売決定

『ガンダムUC』MSVより、青と白のバイアラン・カスタム2号機が再販売決定

画像提供:マイナビニュース

バンダイが展開するガンプラ「HGUC」より発売されていた、『機動戦士ガンダムUC』MSVに登場する青と白のカラーリングが印象的なバイアラン・カスタム2号機が再販されることが明らかになった。現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。2017年8月発送予定で、価格は3,456円(税込)。

バイアラン・カスタム2号機は、『グリプス戦役』においてティターンズが開発した「バイアラン」の残存機体を改修した技術試験機「バイアラン・カスタム」に、さらなる改修が加えられた機体。「ギャプラン」の技術を取り入れ、大型ブースターなど高々度での運用を想定したオプションを新たに装備している。

「HGUC 1/144 バイアラン・カスタム2号機」では、前腕部のライフルを備えた武装、背面の大型のビーム砲などの新規武装、一部本体形状を新規造形で忠実に立体化している。青と白を基調とした本体カラーは成形色で再現。加えて、各部の差し替えで飛行形態への変形が可能となっている。

(C)創通・サンライズ

関連記事(外部サイト)