オリジナルアニメ『刀使ノ巫女』、新たなキャラクター情報を公開

オリジナルアニメ『刀使ノ巫女』、新たなキャラクター情報を公開

画像提供:マイナビニュース

日本刀を使って異形の存在と戦う少女たちの物語を描くオリジナルアニメーション『刀使ノ巫女(とじのみこ)』より、しずまよしのり氏によるキャラクター原案を使用した「獅童真希」「此花寿々花」「皐月夜見」「燕結芽」のキャラクター情報が公開された。

○『刀使ノ巫女』登場キャラクター

■獅童真希 (しどう まき)
折神家親衛隊第一席。刀使たちの剣術を競う大会において、前回、前々回と優勝、連覇を達成、親衛隊入りを果たした。信念に基づく真っ直ぐな強さの持ち主で、その剣は一撃一撃が鋭く重い。主な任務は折神紫の警護と荒魂討伐の作戦指揮で、自らは滅多に出動しないが、一度御刀を抜けば即座に荒魂を討伐する。異性同性を問わず人気が高い。

■此花寿々花 (これはな すずか)
折神家親衛隊第二席。京都の名門此花家の令嬢で、立ち居振る舞いに気品がある。剣術大会で二連続準優勝の実力を有する。だが、二度の決勝で自分を破った真希をどこかライバル視してしまう。鋭い洞察力、高い指揮力を持ち、直接的な作戦の指揮を任されることが多い他、紫の政治的な職務にも同行する。

■皐月夜見 (さつき よみ)
折神家親衛隊第三席。親衛隊の中でも特に折神紫の側に控えていることが多い。感情をあまり表に出さず、必要以上の会話もしない。輝かしい実績を持つ真希や寿々花とは異なり、これまで目立った実績はなくその実力も不明。多くの謎に包まれた刀使である。

■燕結芽 (つばくろ ゆめ)
折神家親衛隊第四席。最年少ながら親衛隊一番の剣術の使い手。その実力は大会二連覇の真希をも凌駕するほどの天才刀使。飛び抜けた才能を持つが、性格は年相応で子供っぽく、一度スイッチが入ると何者にも止められなくなる。そのため、周囲の扱いも慎重で、滅多に出撃許可が下りない。本人はそれを不満に思っている。

女子中高生×日本刀! オリジナルアニメーション『刀使ノ巫女』の詳細は公式サイトにて。

(C)伍箇伝計画/刀使ノ巫女製作委員会

関連記事(外部サイト)