「デジタルモンスター Ver.20th」に20周年記念デジモン「ズバモン」カラー登場

「デジタルモンスター Ver.20th」に20周年記念デジモン「ズバモン」カラー登場

画像提供:マイナビニュース

20周年を迎えた人気シリーズ「デジタルモンスター」より、周年を記念して商品化された携帯型液晶育成ゲーム「デジタルモンスター Ver.20th」からアルファモン、ズバモン、オメガモンのイメージカラーを使用したニューアイテムが登場。6月26日20時からプレミアムバンダイで予約受付がスタートする。

今回発売される「デジタルモンスターVer.20th」は、それぞれ人気デジモンをイメージしたアルファモン(ブラック)、ズバモン(ゴールド)、オメガモン(パールホワイト)の新カラー3色となる。ゲームには「デジタルモンスター」のVer.1からVer.5までの全デジモンのほかに、10周年・15周年記念で登場した「ドラコモン」と「ハックモン」に加え、"20周年を記念した新デジモン"「ズバモン」が登場。育成可能キャラ数134体、総登場キャラ数154体を収録する。

また、デジモン育成の第一歩であるデジモンの卵「デジタマ」には、特殊な条件を満たさないと入手できない「特殊デジタマ」が追加され、アルファモンカラー限定の「ルナモン」、ズバモンカラー限定の「メイクーモン」、オメガモンカラー限定の「コロナモン」が生まれる「特殊デジタマ」がそれぞれ収録。なお、これらのデジモン達は究極体まで進化・育成させることができる。また、この他にもさまざまな究極体が登場。特定の究極体デジモン同士をタッグバトルさせることで2体のデジモンが合体し、より強力なデジモンを手に入れることができるという。

「育成&進化」面では、「デジタルモンスターVer.20th」から2体のデジモンを同時育成することが可能に。2体のデジモンが仲良くエサを食べる姿や睡眠をとる可愛らしい姿を見て楽しむことができる。以前のバージョンよりも育成スピードを大幅にアップすることで多くのデジモンを育てることができるため、当時遊んでいた大人も隙間時間で十分に楽しめそうだ。また、タッグバトルすることでできる合体など新しい進化方法も追加され、育成だけでなく対戦機能もレベルアップしている。

「通信&バトル&WEB連動」も新たな進化を遂げており、自分で育てた2体のデジモンでタッグを組んで友達やコンピューターと戦う「タッグバトル機能」は、友達が育成したデジモンをコピーして受け取り、自分が育てたデジモンとタッグを組ませて戦うこともできる。

なお、早期購入特典として「デジタルモンスター」シリーズのキャラクターデザインを務める渡辺けんじ氏描き下ろしのイラスト色紙が各色に1枚付属する。

(C)BANDAI (C)本郷あきよし・東映アニメーション

関連記事(外部サイト)