TVアニメ『サクラダリセット』、第13話のあらすじ&先行場面カットを紹介

TVアニメ『サクラダリセット』、第13話のあらすじ&先行場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月から放送開始となったTVアニメ『サクラダリセット』より、第13話「ONE HAND EDEN 2/4」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『サクラダリセット』、第13話のあらすじ&場面カット

■第13話「ONE HAND EDEN 2/4」
夢の中の世界でケイは、『野良猫屋敷のお爺さん』について聞く。彼は、『シナリオの写本』を書く能力を持っているという。野ノ尾盛夏から聞いた伝言『シナリオNo.407』の事を思い出すケイ。ケイはチルチルから聞いた情報によって、お爺さんのもとに向かう。一方その頃、相麻菫も夢の中の世界にいてミチルと会っていた。
(脚本:高山カツヒコ、コンテ:佐山聖子、演出:佐々木真也)

6月28日(水)23時30分より放送される第13話「ONE HAND EDEN 2/4」には、野ノ尾の会いたがっている、野良猫屋敷のお爺さんも登場する。

■野良猫屋敷のお爺さん (cv. 土師孝也)
夢の世界で、猫と共に洋館に住んでいる老人。野ノ尾が幼い頃に交流があった。
◎土師孝也のコメント
こんにちは。この度、「野良猫屋敷のお爺さん」役を拝命致しました土師孝也でございます。この世界、街の中で生きる登場人物たちが、どのような縁で出会い、繋がっていくのか…、楽しみにご覧ください。

○TVアニメ「サクラダリセット」 #13 ONE HAND EDEN 2/4

TVアニメ『サクラダリセット』は、TOKYO MX、関西テレビ、BS11、AT-Xにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)河野裕・椎名優 /KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会

関連記事(外部サイト)