『シン・ゴジラ』ゴジラ第4形態の放射線流を発射する姿がデフォルメソフビで登場

『シン・ゴジラ』ゴジラ第4形態の放射線流を発射する姿がデフォルメソフビで登場

画像提供:マイナビニュース

映画『シン・ゴジラ』より、劇中に登場したゴジラ第4形態が青紫に光り放射線流を発射する姿を、2頭身にデフォルメしたソフビフィギュアが登場。「デフォリアル ゴジラ(2016)第4形態 覚醒Ver.」として、現在プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。商品は2017年10月発送予定で、価格は5,940円(税込)。

「デフォリアル」は、等身をデフォルメしたかわいい造形の中にリアルな質感、造形を両立したフィギュアシリーズ。「デフォリアル ゴジラ(2016)第4形態 覚醒Ver.」では、頭部を放射線流発射時の下顎が割れた造形、体は青紫色のカラーリングを施しながら、劇中で衝撃を与えたイメージをデフォルメした形態に詰め込んで再現している。カッコよさの中にコミカルなかわいさを両立させつつも、尻尾や背びれ、歯の造形など劇中のイメージもリアルに表現したフィギュアとなっている。

『シン・ゴジラ』は、2016年7月に公開された「ゴジラ」シリーズ第29作で、2004年公開の『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画。キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。2016年11月16日までの観客動員数は551万人、興行収入は80億円を記録し、日本アカデミー賞最優秀作品賞他7冠に輝いた。

TM & (C)TOHO CO., LTD.

関連記事(外部サイト)