TVアニメ『sin 七つの大罪』、第十一話のあらすじ&先行場面カットを紹介

TVアニメ『sin 七つの大罪』、第十一話のあらすじ&先行場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年4月から放送開始となったTVアニメ『sin 七つの大罪』より、第十一話「求めよ、さらば与えられん」のあらすじ&場面カットを紹介しよう。

○TVアニメ『sin 七つの大罪』、第十一話のあらすじ&場面カット

■第十一話「求めよ、さらば与えられん」
ついに明かされるベリアルの秘密。その正体と陰謀を知った大罪の魔王たちは、一斉に離反してベリアルと対峙する。しかしルシファーの力を取り込んだベリアルは強大で、長きにわたる因縁と怨念をルシファーに叩きつけ、さらには復讐の仕上げとして、真莉亜の手でルシファーの心臓を貫かせようと画策。それしか真莉亜を自由にする方法がないことを知るルシファーは、震える真莉亜に命じる。「刺せ!」と……。そのとき真莉亜は……。(脚本:大久保昌弘/鈴木雅詞、絵コンテ:原博、演出:蔵本穂高/相浦和也、総作画監督:小関雅/ごとうじゅんじ、作画監督:飯飼一幸/石動仁/神田岳/小関雅/ごとうじゅんじ/清水勝祐/服部益実/Lee Sok Yun/Hue Hey Jung/Chang Bum Chul/Choi Nak Jin)

TVアニメ『sin 七つの大罪』は、TOKYO MX、BS11、AT-Xにて放送中。放送時間などの詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2017ホビージャパン・Niθ/「sin 七つの大罪」パートナーズ

関連記事(外部サイト)