MICHI、1stライブツアー「I4U 〜Supernatural〜」を原宿で開幕

MICHI、1stライブツアー「I4U 〜Supernatural〜」を原宿で開幕

画像提供:マイナビニュース

沖縄初のアニソンシンガーとして活躍するMICHIが、2017年7月8日(土)、東京・原宿アストロホールにて自身初のツアー【MICHI 1st LIVE TOUR「I4U 〜Supernatural〜」】を開幕した。

MICHIのサウンドプロデュースを手掛ける音楽クリエイター・Elements Gardenや、MICHIが敬愛するアニソンシーンの先輩・chelly(EGOIST)からの祝い花も届いていた同公演。アニメ『だがしかし』や『クロムクロ』『六花の勇者』といったアニメのテーマソングを次々と担当し、本人いわく「(昨年夏の)アニサマに出させていただいて変わりましたね。アニサマに出て『MICHIはアニソンシンガー』とみんなに認めてもらった感じはありました」と同シーンでの存在感を着実に大きくしてきた彼女だが、それを裏付けるようにこの日の公演にも会場を埋め尽くすほどのMICHIんちゅ(※MICHIファンの呼称)が駆け付けた。

そんなオーディエンスの眼前、ステージ上にはDJブースが設置されており、まずはそこでセクシー&キュートな出で立ちのDJ HALUが登場し、スペシャルな夜の幕開けとして「Overture -Sprint for the Dreams-」をプレイ。高揚していく空間。そこへ「世界一のスタイリストさん」が本人の願いをすべて具現化してみせた衣装に身を包んだMICHIも登場し、翼を広げるようなアニメライクな振り付けも取り入れながら『つぐもも』EDテーマである最新曲、そして今回のツアータイトルにもなっている「I4U」を披露。熱量溢れるコールを全身で浴びながらエモーショナルな歌声を響かせていく。

その後もライブでは、デビューシングル「Cry for the Truth / Secret Sky」(TVアニメ『六花の勇者』オープニングテーマ/エンディングテーマ)、2ndシングル「Checkmate!?」(TVアニメ『だがしかし』オープニングテーマ)、3rdシングル「リアリ・スティック」(TVアニメ『クロムクロ』エンディングテーマ)といった歴代アニメタイアップ曲をはじめ、アニメ『クロムクロ』エンディングテーマを最後まで競い合ったという「春夏秋燈」や、楽曲提供&演奏をphatmans after schoolが担当した「超常性ワールド」などのキラーチューンを惜しげもなく披露していく。

そんな息をつく間もないジェットコースターのような展開にMICHIんちゅは、サイリウムを綺麗に輝かせながら全力で呼応。MICHIと共に嬉々として歌って踊ってはしゃぎ続け、MICHIもまた「(今日は)ずっと幸せ」と幾度となくつぶやきながら、もうすでにかなり濃厚なライブを繰り広げてきた終盤になって「(今回のライブ)本当に一瞬だった。体感時間で言うと5,6分!ずっと楽しかった!」と子供のように笑って喜んでいた。

さらに、「私も人間です。すごく落ち込むことだってたくさんある訳で、今回のこの舞台に立つまでのあいだにプレッシャーで押し潰されそうになったり、本当に成功するのかな? たくさんのMICHIんちゅの人たち来てくれるのかな? とすごく不安で、負のオーラにね、潰されそうになったんです。けど、舞台に立つと、いつも笑顔でMICHIんちゅのみんなが迎え入れてくれて、その負のオーラが吹っ飛んじゃうくらい、いつも私のことを輝かせてくれる。夜になって『大丈夫かな? 大丈夫かな?』となったときも(みんなからもらった)お手紙を読んで『このままじゃいられないな。もっともっと……MICHIんちゅと一緒にもっと大きな夢に向かって走っていかなきゃいけないんだから、ここで立ち止まっちゃいけないな』っていつも背中を押してもらってます。なので、みんなは私の人生の中で、一緒に、隣でね、夢に向かって走ってくれる同志であり、家族であり、そして大好きな人です!」と、ライブタイトルにもなっている"Supernatural"な自分を曝け出していく。

その上で「こういうワンマンぐらいは真剣なMICHIを見せるのもいいかなと思ったんですけど、やっぱりMICHIは明るいほうが良いですよね!みんなのおかげで自分が大好きになれました!」と清々しい表情で言い放った彼女は、この暑過ぎる夏にピッタリの痛快アッパーチューンを歌い上げ、最後は客席のひとりひとりと目を合わせながら感謝の言葉を述べると、何度も投げキッスを贈りながらツアー初日の幕を閉じた。

次の公演は、7月29日(土)の大阪・梅田Shangri-La。MICHIにとって初の大阪ワンマンライブとなる。ほかにも今夏は各所のイベントに出演。11月には香港・MacPherson Stadiumや横浜アリーナといった大規模会場でのイベントにも参戦することが決まっているので、こちらも注目しておきたい。各詳細は公式サイトにて。

関連記事(外部サイト)