『仮面ライダービルド』新ヒロインは全日本忍者選手権優勝のブランチリポーター高田夏帆 - 劇中で「忍者にはなりません」

『仮面ライダービルド』新ヒロインは全日本忍者選手権優勝のブランチリポーター高田夏帆 - 劇中で「忍者にはなりません」

画像提供:マイナビニュース

「平成仮面ライダー」シリーズ第19作目となる新・仮面ライダー『仮面ライダービルド』の制作発表会見が2日に行われ、主役ライダー・ヒロインをはじめとするメインキャストが発表された。ヒロインに抜擢されたのは、TBS『王様のブランチ』でブランチリポーターとしてレギュラー出演中の高田夏帆。「第31回全日本忍者選手権優勝」という変わった肩書をもつ若手女優だ。

公式プロフィールによると、高田は1996年5月31日東京生まれの21歳。特技は水泳、竹馬、ダンス、一輪車で、「横浜マラソン2016」を5時間台で完走するなどアクティブな一面も。タマちゃんとピーちゃんという名前で、カエルを2匹飼っているという。さらに、2014年に開催された「全日本忍者選手権」で優勝したというのだが、これは甲賀の里・忍者村で開催されているイベントで、手裏剣投げや塀飛びで順位を競うもの。高田が劇中でアクションを披露するとすれば、これは大いに期待できそうだ。

高田が演じるのは、主人公・桐生戦兎(きりゅうせんと)をサポートする"おやっさん"石動惣一の娘で、秘密基地に引きこもっている少女・石動美空。彼女は、謎の怪人「スマッシュ」の成分を浄化できる不思議な力を持っているという。

会見で高田は、「美空はツンツンしていて反抗的な部分がある女の子。実はみなさんが想像できないような一面をもっているので期待していただきたいです!」とコメント。さらに、「全国忍者選手権大会優勝」の経歴について触れられると、「今のところ役柄には生きていませんが、作品に忍者が出てくるかどうかは楽しみにしていてください!」と期待させる一方で、「でも私は忍者にはなりません」とくぎを刺した。

『仮面ライダービルド』では、「平成仮面ライダー」史上最高IQをもつ主人公・桐生戦兎が、自らが創り上げた方式を武器に、人類の命を守る仮面ライダービルドとなって悪と戦う。ビルドはさまざまな物質の成分を吸収、閉じ込めた「フルボトル」を組み合わせてフォームチェンジを行い、「スマッシュ」と呼ばれる怪人と、まるで"科学実験"をしているかのようなバトルを繰り広げるという。「火星のパンドラボックス」「巨大な壁に分断された日本」「バディ×逃亡劇」と、これまでのシリーズに未知のエッセンスが加わり、さらなる進化を遂げた、新・仮面ライダーが展開される。

新番組『仮面ライダービルド』は9月3日より毎週日曜あさ8時〜8時30分放送。10月からは毎週日曜あさ9時〜9時30分の放送となる。
(マイナビニュース編集部)

関連記事(外部サイト)