Netflix、京アニ制作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を全世界配信

Netflix、京アニ制作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を全世界配信

画像提供:マイナビニュース

Netflixは、京都アニメーション制作の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を2018年1月より日本で配信。春からは全世界で配信する。

美麗なCMでも話題を集める本作は、2009年から開催され、『中二病でも恋がしたい!』『境界の彼方』『ハイ☆スピード!』などの人気作を輩出した京都アニメーション大賞にて、最高位賞にあたる初の大賞を受賞した注目作。

かつて武器と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、戦場を離れCH郵便社で「自動手記人形」という仕事に出会い、人の心と向き合いながら、さまざまな感情や愛のかたちに触れていくという繊細なストーリーを、TVアニメ『境界の彼方』などの石立太一監督と、数々のアニメ作品を手掛ける吉田玲子氏がシリーズ構成としてタッグを組み、京都アニメーションならではの映像美とともに新たに送り出す。

主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンを演じるのは石川由依。ヴァイオレットの後見人であるクラウディア・ホッジンズ役を子安武人、ヴァイオレットの親代わりとなるギルベルト・ブーゲンビリア役を浪川大輔、ヴァイオレットと同僚であり、感情豊かなカトレア・ボードレール役を遠藤綾、そして同じく同僚であり、根はやさしい青少年ベネディクト・ブルー役には内山昂輝がそれぞれ担当する。

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会