『仮面ライダーエグゼイド』覚悟を決めたブレイブの最強フォーム「レガシーゲーマー」が立体化

『仮面ライダーエグゼイド』覚悟を決めたブレイブの最強フォーム「レガシーゲーマー」が立体化

画像提供:マイナビニュース

バンダイが展開するアクションフィギュア「S.H.Figuarts」より、特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』に登場した「仮面ライダーブレイブ レガシーゲーマー レベル100」が立体化。特徴的なマントも再現され、「S.H.Figuarts 仮面ライダーブレイブ レガシーゲーマー レベル100」として現在プレミアムバンダイで予約受付を行っている。2018年3月発送予定で、価格は6,480円(税込)。

「仮面ライダーブレイブ レガシーゲーマー レベル100」は、仮面ライダーブレイブのパワーアップフォーム。第37話「White knightの覚悟!」で登場。変身者である飛彩は恋人である小姫(サキ)の意識を取り戻すため、檀正宗の命令のもと永夢、パラドの前に立ちはだかった。ブレイブの劇中最強フォームであり、第37・38話にわたって大きな転機を迎える飛彩を象徴するような姿でもあるため、「レガシーゲーマー レベル100」は高い人気を誇っている。

「S.H.Figuarts 仮面ライダーブレイブ レガシーゲーマー レベル100」では、白を基調としたカラーリングとデザインを忠実に再現。特徴的なマントは肩パーツ背面に可動を盛り込み、アクションの干渉を軽減するよう配慮されている。ガシャコンソードの刃は交換用刃が付属し、ソードアクションポーズも再現できる。

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

関連記事(外部サイト)