『魔神英雄伝ワタル』龍王丸が新世代フィギュアで登場! 鳳王形態への変形も実現

『魔神英雄伝ワタル』龍王丸が新世代フィギュアで登場! 鳳王形態への変形も実現

画像提供:マイナビニュース

バンダイが展開するアクションフィギュア「ネクスエッジスタイル」に新たに『魔神英雄伝ワタル』シリーズの機体が登場。第一弾として「鳳王形態」への変形ギミックを備えた龍王丸が立体化され、「ネクスエッジスタイル[MASHIN UNIT] 龍王丸」(3,780円/税込)として2018年1月に発売されることが明らかになった。

「ネクスエッジスタイル」は、バンダイのアクションフィギュア「ROBOT魂」シリーズで培われた造形や可動のノウハウを約4頭身のデフォルメサイズに落とし込んだフィギュア。キャラクターの新たな魅力を引き出しつつ、立体としてのプロポーションを追求した大胆なアレンジが加えられている。

龍王丸は、龍神丸が空神丸との合体によってパワーアップした姿。劇中に近いフォルムながら、曲線の中にシャープなエッジが採り入れられている。カラーリングにはメタリック塗装を多用。さらにパーツ差し替えにより「鳳王形態」への変形が可能となっており、差し替えならではの頭部や羽の大きさにより、劇中のイメージを再現できる。

セット内容は本体に加え、鳳龍剣、龍王盾、交換用手首左右、「変化鳳王」用差し替えパーツ一式、専用STAGE一式。

(C)サンライズ・R

関連記事(外部サイト)