「フレームアームズ」フレームアーキテクトのリニューアル版が12月に再生産

「フレームアームズ」フレームアーキテクトのリニューアル版が12月に再生産

画像提供:マイナビニュース

ホビーメーカー・コトブキヤが展開するオリジナルプラモデルシリーズ「フレームアームズ」シリーズにおけるフレーム(素体)「フレームアーキテクト リニューアルVer.」3種が再生産され、2017年12月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は各1,296円(税込)。

「フレームアーキテクト リニューアルVer.」は、2009年に発売されロングセラーとなった可動式骨格「フレームアーキテクトTYPE001」のリニューアル版。"For Modelers Edition"のフォーマットをベースに、全面的なアップデートが施された新仕様となっている。

カラーリングはガンメタリック、オフホワイト、グレーの3種を用意。パーツ精度向上のため、本体金型の新規彫り起こし(ハンドパーツは従来品と同様)、未塗装時の見栄えをあげるため成型色にクリア色を追加、安定度を向上しながら上腕のパーツ構成を見直すための一体型への変更、脚部可動範囲の拡大のため、脚部股関節の構造を刷新している。

本体は形状把握がしやすく塗料の発色を妨げない成型色。ハンドパーツ3種(拳・平手・武器持ち手)が付属し、武器持ち手には別売りの「M.S.G(モデリング・サポート・グッズ)」ウェポンユニットシリーズを持たせることができる。各関節は大きく可動し、様々なシチュエーションが演出でき、各部位は3mm径ジョイントによる接続で、手足などを組み替えることも可能。なおアイセンサーは2種類から選択できる。

商品価格は各1,296円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は2017年12月を予定している。

(C)KOTOBUKIYA

関連記事(外部サイト)