『ガンダムUC』福井晴敏の新作『機動戦士MOONガンダム』連載開始、アムロも登場

『ガンダムUC』福井晴敏の新作『機動戦士MOONガンダム』連載開始、アムロも登場

画像提供:マイナビニュース

『機動戦士ガンダムUC』の福井晴敏氏が手がける新ガンダム作品『機動戦士MOONガンダム』が、9月26日発売の「月刊ガンダムエース」(KADOKAWA)にてコミック連載を開始した。福井氏が『UC』を作る以前に考案していた前身企画がベースとなる本作は、『機動戦士ガンダムZZ』に登場する「忘れられたコロニー」ムーン・ムーンが舞台となっている。

一挙70ページ超で始まる第1話では、 ロンド・ベル隊に所属するアムロ・レイも登場。これまで触れられてこなかった宇宙世紀の裏側が垣間見える、 ガンダムファン必読の意欲作になっているという。

漫画を描くのは『機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ』の虎哉孝征氏。 さらに『ガンダム Gのレコンギスタ』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』メカデザインの形部一平氏が本作でもメカデザインを担当する。

第1話が収録されるガンダムエース11月号では、 連載開始記念として福井晴敏氏のロングインタビューを掲載。 さらに『MOONガンダム』キービジュアルポスターが特別付録となっている。

(C)創通・サンライズ

関連記事(外部サイト)