TVアニメ『コンビニカレシ』、第12話のあらすじ&先行場面カットを紹介

TVアニメ『コンビニカレシ』、第12話のあらすじ&先行場面カットを紹介

画像提供:マイナビニュース

2017年7月からTBSほかにて放送開始となったTVアニメ『コンビニカレシ』より、最終回となる第12話「弥生」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○TVアニメ『コンビニカレシ』、第12話のあらすじ&先行場面カット

■第12話「弥生」
手術のため、休学して別の病院に転院することになるみはるは、手術に対する不安と、仲良くなったみんなと別れる寂しさを感じていた。そんなみはるを見た三島は、ある決意のもと、水泳部のレギュラーとして初めての大会に出るが、その日は、みはるの転院の日だった。大会に臨む三島は、本田にあるものを託す。
(脚本:小鹿りえ、絵コンテ:藤井俊郎、演出:境橋渡、作画監督:有泉洋子/Hong In Su/Park Sang Ho/吉田肇/秋野きのこ)

TVアニメ『コンビニカレシ』は、TBSほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)先崎真琴・Gzブレイン/コンビニカレシ製作委員会

関連記事(外部サイト)