「フレームアームズ・ガール」完全新規造形の白虎が登場、元機体と互換性も

「フレームアームズ・ガール」完全新規造形の白虎が登場、元機体と互換性も

画像提供:マイナビニュース

コトブキヤが展開するオリジナルロボットのプラモデル「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ「フレームアームズ・ガール(FA:G)」より完全新規造形となる白虎が、2018年2月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は5,940円(税込)。

「フレームアームズ・ガール(FA:G)」は、既存の「フレームアームズ」シリーズを『ガールズ&パンツァー』などでキャラクター原案を担当した島田フミカネ氏が美少女化を手がけ、新たなプラモデルとして展開。「フレームアームズ」の特徴である各部の複数の3mm径の穴とPVC製の手首により、膨大なM.S.Gのウェポンシリーズや「フレームアームズ」シリーズの武器や外装を使用することもできる。

白虎は、コジマプロダクション・新川洋司氏が「フレームアームズ」のためにデザインした元機体を、自ら「フレームアームズ・ガール」化。長年、新川氏のデザインの立体化を行ってきた原型師・堀克彦氏が制作を担当した。

プラモは、既存の「フレームアームズ・ガール」との互換性をもった新規造形。元の機体と同デザインの武装を新たな造形で再現しており、相互に使用することもできる。表情パーツは「通常顔正面向き」「通常顔右向き」「叫び顔左向き」の3種を用意。ヘルメットは装着状態と外した状態を再現できる。

また、リボンは3mm径で取り外すことが可能。胸部装甲も外すことができ、別売りの「フレームアームズ・ガール マテリア」などの腕部や脚部を使用すると、軽装状態を表現できる。さらに腰関節のスイング可動や股関節のスライド可動を併用させることで、体育座りが可能なほど広範囲な可動を実現。PVC製の手首(左右それぞれ5種)、瞳などのデカールレーザーライフル(2つ)、ソード、センサー(左右用)も同梱される。

商品価格は5,940円(税込)で、現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は2018年2月を予定している。なお、コトブキヤショップ(立川本店、秋葉原館、大阪日本橋、エキナカ秋葉原)購入特典として「特別カラー髪の毛パーツ&タンポ無し顔パーツ」がプレゼントされる(なくなり次第終了)。

(C)KOTOBUKIYA

関連記事(外部サイト)