『君の名は。』大ヒットは「理解のキャパを超えた」 神木隆之介&上白石萌音が振り返る大反響と作品愛

『君の名は。』大ヒットは「理解のキャパを超えた」  神木隆之介&上白石萌音が振り返る大反響と作品愛

画像提供:マイナビニュース

●何が求められているのか、予想のつかない時代
2016年8月26日に公開、週末動員数1位を12回記録、興行収入は250億円を突破した映画『君の名は。』。様々な映画賞にノミネート・受賞し、日本アカデミー賞ではアニメーション作品としてはじめて最優秀脚本賞受賞に輝いた。さらに日本のみならず、アジア圏でも大ヒットを記録、また7月に発売となったBlu-ray&DVDも異例の大ヒットとなっている。

ロングランのあまり、公開後約1年を経てようやく7月にBlu-ray&DVDが発売された同作。
この大ヒットについて、出演者はいったいどのように感じていたのか、立花瀧役の神木隆之介、宮水三葉役の上白石萌音に話を聞いた。

○映画館で偶然友達にばったり

――『君の名は。』に出演されていたお二人ですが、これはヒットするぞという予感はありましたか?

神木:公開されないと本当にわからないものなので、確証はありませんでしたが、試写や関係者の方達、取材で接するインタビュアーさんの評価もすごく高くて、心に届いている作品なんだという実感はありました。取材の時にも長く感想を語っていただいて、本当に細かいところまで見てくださっていたんです。でも、こうなるとは思っていませんでした。

上白石:私も「まさかここまで」という感じですね。オーディションに行く前、仮の台本を読んだ時から「すごい映画ができるんだな」という予感はあって、アフレコの際もずっと持ち続けるどころか、むしろ拡大していくくらいの感じだったのですが、「ここまでヒットするなんてか」と。途中から、自分のこととは思えないほどの感覚になっていきました。「すごいなあ」と、理解のキャパを超えました(笑)。

――週末のランキングでも「今週も1位か!」と毎週驚いていました。

神木:大根(仁)監督から「1位をゆずれよ!」と連絡が来ました(笑)。

――周りの方からも、そういう反応はよくあったんですか?

神木:「観たよ」という声はたくさん聞きました。僕も普通に映画館に観に行ったら、偶然友人に会いました。

上白石:その映画館、すごい!

神木:本当に嬉しかったです。友人と偶然会うということは、普通に観に来てくれるということなので。同級生の俳優仲間も、取材で『君の名は。』を観たと言って、僕の表現について語ってくれていたんです。同い年の友達にも「観たい」と思ってもらえて、刺激が届いているんだと思ったら、嬉しかったです。

――上白石さんもそういった周りの反応は実感されていましたか?

上白石:私は今、大学生なので、観ている層がドンピシャでした。廊下を歩いていたら、いろんなところで『君の名は。』の話がされているんです。「三葉がこの学校にいるらしいよ」と聞こえたりして。教授が『君の名は。』の言葉に関する考察の授業を始めたこともありました。正直、「良いレポートが書けるな」と思いましたし、私が座ってじっと聞いていたので、先生も気まずそうでした(笑)。作品の横の広がりだけでなく、奥行きや深さも実感しました。

○アニメの熱さを感じた

――日本アカデミー賞でも、特撮映画の『シン・ゴジラ』、アニメ映画の『この世界の片隅に』などとあわせて、邦画の垣根がなくなっているのではないかという雰囲気を感じましたが、そういう流れは感じましたか?

神木:去年はそういった作品を楽しんでくれる人たちがいた年だったのかな、ということはすごく感じました。俳優が声の仕事をしたり、声優さんたちが歌って踊ったり、いろいろとこちらの垣根もなくなってきていますよね。

それこそ『君の名は。』で音楽を担当された、RADWIMPSの野田洋次郎さんも俳優をされていますし、その他にもまわりの俳優仲間がジャンルの垣根を越えた、色々な活躍を見ると、新しいことをするタイミングなのかもしれない、とも思いました。皆さんが何を求めているのか、僕らも全く予想がつかなくなっていますし、いろんなことにチャレンジしたい気持ちがあります。声優という点で言えば、今回、島崎信長さんや石川界人さんと掛け合いをするときもすごく緊張しましたが、信長さんたちが優しく迎えてくださったから、安心してできました。

上白石:やっぱり、アニメって熱いですよね。日本を出て、アメリカなどでも文化が根付き始めているし。『君の名は。』で色々な国に行って、文化が違う方と一緒に映画を鑑賞して、反応の違いもすごく面白くて。今の日本の日常を切り取ったような絵が海を越えて広まっていくのは、すごく面白いことだと思いました。国の垣根も超えてしまったような感じがして。いろんな言語に吹き替えられて、そういう広がりは今まで私の中にはなかったです。

●神木隆之介、営業スイッチオン
○待ちに待ったBlu-ray&DVD化

――今回、満を持してのBlu-ray&DVD化ですが、ぜひ細かい見どころなどを教えていただければ。

神木:代表して神木が説明させていただきます。

上白石:営業スイッチオン!(笑)

神木:今回まず大きな要素としては、5枚組のコレクターズ・エディションがございます。「こんなに特典が!?」と驚かれると思いますが、なんと9時間超えの特典映像がついてくる! 新海監督のメイキングドキュメンタリーや、僕達のアフレコ風景、新海監督によるビデオコンテ、PV、ビジュアルコメンタリー。それらを全部合わせると9時間超え! さらに、本編も超高画質でお楽しみ頂ける4K UHD Blu-rayも同梱されています。みなさんが劇場で見てきた素晴らしい色合いをご家庭でもお楽しみ頂けます。

――なるほど!

神木:4Kですから!! 新海監督が得意とされる光と影のコントラストも非常に美しく輝いているのではないかと思っております。効果音も調整されていますし、ご家庭で聞きやすく、擦り切れるほど見ていただける作品となっております。

上白石:はい、私もそう思います。ぜひ楽しんでください(笑)。

○もう1回デビューがあったような感覚

――おふたりのコンビネーションがすごいです。上白石さんは、『君の名は。』がきっかけで歌番組にも出るという新たな展開もありましたね。

神木:見ていましたよ!

上白石:歌番組は、神木さんが先輩なので(笑)。

神木:『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で出させて頂きました(笑)。でも、ライブでも歌ってらっしゃるじゃないですか。どうですか?

上白石:歌を歌うということは、オーディションに行く前から決まっていたんですが、その頃はまさかこんなことになるとは思いませんでした。もう1回デビューがあったような感覚で、この作品とともに突っ走りました。本当に、ご縁に感謝しています。

――神木さんは、新海監督の神木さん愛がすごいということで話題になっていましたが……。

上白石:両思いですからね。

神木:僕がひたすら監督に連絡をしていました。「寝る前に『言の葉の庭』観ていました」とか(笑)。とりあえずファンとしてしゃべりたくて。

上白石:憧れの人を捕まえたから離さない、みたいな(笑)。

神木:そうですね(笑)。やっぱり、何を言ってもわかってくださるし、意見を受け止めてくださるので、連絡してしまいますよね。でもきっと新海監督も、マクドナルドを見るたびに僕のことを思い出してくださると思います(笑)。

――それでは、最後にぜひメッセージをいただければ。

上白石:じゃあ、代表取締役から(笑)。

神木:映画館とは違った観方ができて、DVDでしかない楽しみが入っている作品になっています。コレクターズ・エディションには、縮刷版台本も付いてきまして、僕達がどのように台本を見てセリフを言っていたのか想像しながら観ることもできます。

あとは、新海監督の過去作品を観れば観るほど『君の名は。』を楽しく観ることができると思います。大前提として『言の葉の庭』を観ていただいて、『秒速5センチメートル』『ほしのこえ』とさかのぼっていただいたら、もっともっといいと思います。

上白石:過去の作品を観て、もう一回『君の名は。』に戻ってくるとか?

神木:でも情報量が多い場合もあるので、『言の葉の庭』を観て『君の名は』を観て、『秒速』観て『君の名は。』を観て、『ほしのこえ』を観て『君の名は。』を観て、徐々に消化していくパターンもあります!

上白石:(笑)

神木:ご家庭で何度でも観られるので、ぜひ新たな楽しみを見つけて下さい。

○プロフィール

■神木隆之介
1993年5月19日生まれ、埼玉県出身。1999年、ドラマ「グッドニュース」(TBS)でデビュー。映画『妖怪大戦争』(05年)で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近年の出演作に、『桐島、部活やめるってよ』(12年)、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14年)、『神さまの言うとおり』(14年)、『バクマン。』(15年)、『太陽』(16年)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16年)、『3月のライオン』(前編・後編)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17年)など。アニメーション映画への声の出演としては、『サマーウォーズ』(09年)、『借りぐらしのアリエッティ』(10年)、『とある飛空士への追憶』(11年)、『メアリと魔女の花』(17年)などの作品に参加し、高い評価を得ている。

■上白石萌音
1998年1月27日生まれ、鹿児島県出身。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞して、「江〜姫たちの戦国〜」(11年NHK)で女優デビュー。『舞妓はレディ』(14年)では800名の応募者からオーディションを勝ち抜き、主人公・春子に大抜擢される。同作品で、山路ふみ子映画賞・第26回新人女優賞、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。ほか出演作に、ショートムービー『空色物語 第四話「上白石萌音〜ニケとかたつむり〜」』(11年)、映画『だいじょうぶ3組』(13年)、『ちはやふる -上の句/下の句-』(16年)。『溺れるナイフ』(16年秋公開)。声優としては、『おおかみこどもの雨と雪』(12年)、『妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(17年12月16日公開予定)に出演している。また、18年には、『ちはやふる -結び-』の公開が決定している。

○『君の名は。』

Blu-ray&DVD発売中

・Blu-ray コレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray 同梱5枚組(初回生産限定) 12,000円+税
・Blu-ray スペシャル・エディション 3枚組 7,800円+税
・Blu-ray スタンダード・エディション 4,800円+税
・DVD スタンダード・エディション 3,800円+税

(C)2016「君の名は。」製作委員会  発売・販売元:東宝
(佐々木なつみ)

関連記事(外部サイト)