『立花館 To Lie あんぐる』、2018年のTVアニメ化決定! メインキャスト発表

『立花館 To Lie あんぐる』、2018年のTVアニメ化決定! メインキャスト発表

画像提供:マイナビニュース

『立花館 To Lie あんぐる』が2018年にTVアニメ化

「コミック百合姫」(一迅社刊)にて連載中のラッキースケベでハーレムな漫画の主人公が女の子だったという設定が話題の『立花館 To Lie あんぐる』(著:merryhachi)が、2018年にTVアニメ化されることが決定した。

高校進学に合わせて、6年ぶりに帰ってきた田舎の街。お洒落なデザイナーズマンション風の寮"橘館"から優雅に登校……と思ったら、手違いでボロアパート"立花館"に入居するハメになった夏乃はなび。立花館では入居初日から謎の全裸の美少女に遭遇したり、年上お姉さんの恥ずかしいトコロをうっかり目撃してしまったり、なぜかつっかかってくる幼馴染みの恥ずかしいトコロを凝視してしまったり。……って、全然「ラッキー♪」なんか思ってないんだからっ!1カ月の契約が終わったら絶対出てってやるっ!

本作のキャストは、夏乃はなび役を津田美波、藤原このみ役を桜木アミサ、篁いおり役を仲田ありさ、藤原依子役を松嵜麗、月城優役を小松未可子、三井そのあ役を喜多村英梨が担当する。

TVアニメ『立花館 To Lie あんぐる』は、2018年のTVアニメ化予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)merryhachi/一迅社