TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』、最終回放送直前ビジュアルを公開

TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』、最終回放送直前ビジュアルを公開

画像提供:マイナビニュース

『血界戦線 & BEYOND』最終回放送直前ビジュアル

現在放送中のTVアニメ『血界戦線 & BEYOND』では、2017年12月16日(土)よりMBSほかで順次放送となる第11話と、翌週放送となる第12話で、原作の人気エピソード「妖眼幻視行」が前後編に分けて放送される。

最終回放送に向けて、原作者・内藤泰弘氏が原案、キャラクターデザイン・川元利浩氏が原画を担当したスペシャルなビジュアルを公開。ヘルサレムズ・ロットで起き続ける事件に立ち向かうライブラの姿がクールに描かれている。

■第11話「妖眼幻視行 前編」あらすじ
久しぶりに妹のミシェーラに連絡を取ったレオの耳に飛び込んできたのは、驚くべき知らせだった。なんと結婚を決めた彼女は、婚約者と一緒にヘルサレムズ・ロットに向かっている途中だと言う。ライブラのメンバーである自分と関係があることが周囲に知られれば、ミシェーラの命も危ない。そう考えたレオは、クラウスたちに妹の護衛を依頼するのだった。そうして訪れた兄妹の再会の日。元気いっぱいのミシェーラの姿に胸を撫で下ろすレオだが、安心したのもつかの間、彼の目に不気味な異界の存在の姿が飛び込んできた。その男の名はDr.ガミモヅ。婚約者に取り憑いてヘルサレムズ・ロットにやって来た彼もまた、レオと同じ「神々の義眼」保有者だった。

TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』は、MBS、TOKYO MX、BS11、AT-Xにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2017 内藤泰弘/集英社・血界戦線 & BEYOND製作委員会

関連記事(外部サイト)