「ガンプラW杯2017」日本代表・畑めいさんが悲願の世界一に

「ガンプラW杯2017」日本代表・畑めいさんが悲願の世界一に

画像提供:マイナビニュース

「ガンプラW杯2017」ジュニアコース世界チャンピオンの畑めいさん

東京・台場のガンダムベース東京にて17日、バンダイが展開するプラモデル「ガンプラ」の作り手世界一を決める公式コンテスト「ガンプラビルダーズワールドカップ2017 世界大会」の表彰式が開催され、14歳以下の部門となるジュニアコースで畑めいさんが世界チャンピオンに輝いた。

「ガンプラビルダーズワールドカップ」は、「ガンプラ」の純正キットを用いて行われる、造形や彩色の技術などを競うコンテスト。今年は世界16の国と地域から代表者が集い、その腕を競い合った。

畑さんの作品タイトルは「悪魔との契約〜最期の代償」。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のガンダムバルバトスがベースになっている。優勝のコメントを求められると、畑さんは「2011年から出し続けて、最後の最後で金色をとることができてよかったです」と、満面喜びの笑顔で答えた。畑さんは日本決勝戦では2015年大会で5連覇を果たし、世界大会にも幾度となく挑戦してきたものの、優勝には手が届かずにいた。ジュニアコース挑戦最後の年となる今回、悲願だった世界チャンピオンの座についた。

審査員からは、「畑さんの作品は、このコースでは塗装・造形において一歩も二歩も抜きんでている。ウェザリングも多彩で、楽しく見ることができました」と絶賛されるとともに、来年のオープンコース挑戦への期待も寄せられた。

(C)創通・サンライズ

関連記事(外部サイト)