野上翔、八代拓、濱野大輝、小林裕介、鈴木裕斗『THE MARBLE LITTLES』スペシャルインタビュー

野上翔、八代拓、濱野大輝、小林裕介、鈴木裕斗『THE MARBLE LITTLES』スペシャルインタビュー

画像提供:マイナビニュース

ドラマCD『THE MARBLE LITTLES』のスペシャルイベント「THE MARBLE LITTLES‘ CLUB〜みんなでクリスマス!〜」が12月10日、東京・コトブキヤホールに開催された(イベントレポートはこちら)。

本イベントは、アラン・レッドフォード/ルネ役の野上翔、バーニー・ブルーノート/ラウト役の八代拓、クリス・ハラー/サッチ役の濱野大輝、ダリオ・イエローハート/コマリ役の小林裕介、エルバート・ローズパール/グレイス役の鈴木裕斗とメインキャスト5名が初めて勢揃いした記念すべきイベント。

今回は、そんなイベント直後の5人に直撃。キャラクターにまつわるエピソードといった作品トークから、「理想の年末年始の過ごし方」までといったプライベートまでたっぷり語ってもらった。

○▼6人目のMARBLE LITTLESはどんなキャラ!?

――5人での初めてのイベントはいかがでしたか?

濱野 今まで5人が揃う機会がなかったので、こうして全員でファンのみなさんと『THE MARBLE LITTLES』の世界観を共有できたのが嬉しかったです。これから5人の絆もどんどん深まっていくのかなと感じました。

鈴木 みんなで「イベントを良くしていこう」と、和やかな空気の中でできました。『THE MARBLE LITTLES』は、収録しているぼくたちまで心がなごむ作品なので、今回はその空気感をみなさんと共有できたのが嬉しかったです。

小林 僕は『THE MARBLE LITTLES』のイベントは初参加でした。お客さんの反応がとてもあたたかくて。5人ではじめてセリフの掛け合いができて、役者として新しい発見がありましたね。それを今後の朗読劇などで活かしていけたらなと思います。

八代 本当に楽しかったです。ドラマCDもすでに出ていますし、グッズも展開中。でも、僕らの中では今日が新しいスタート、という感覚になりました。夏には朗読劇が決まりましたし、今後もこのコンテンツを楽しんでいきたいなと思います。

野上 『THE MARBLE LITTLES』って、最初は別の番組にお邪魔させていただく形ではじまったんですよ。それがこうして5人揃って、ファンの前で全キャラクターが登場する朗読劇を演じることができて、作品がまた一歩前に進んだなと思いました。

――5人の絆を再確認したときにあえて質問します。もし6人目の新しい仲間とフェローズが加わるならどんなキャラクターでしょうか?

濱野 6人目っていうと、どういう立ち位置のキャラクターになるんだろうね。

八代 後輩か、先輩どっちかな。

小林 転校生とかもいいんじゃない?

全員 あぁー。

小林 でもフェローズまで考えると……何だろうね?

濱野 ハリネズミがいて、リスがいて、フクロウがいて、イヌがいて、ネコがいて……あ、魚は?(笑)。

野上 水槽を常に持っているとか(笑)。

小林 ウサギとかもいいんじゃない? 寂しがりやの弟キャラとか。

濱野 いいかもね。そうすると、何色になるんだろう。やっぱ次は金銀で、そのうちルビーとサファイヤとか……(笑)。

野上 リトルズではなくなっちゃうけど、先生とか、脇を固めるキャラクターが増えていってもいいかもね。

八代 先生クラスになるとフェローズはドラゴンとか!

○▼5人のサンタさん事情に迫る?

――自分が演じているキャラクターにクリスマスプレゼントを贈るなら、何を贈りたいですか?

小林 これはグッズを作ってもらうときに話しをしたんですけど、僕は懐中時計をあげたいですね。似合いそう。

濱野 英国紳士ということで、ハットやステッキなんかもいいなと思いますね。今度の朗読劇は夏だから、カサもいいかもしれない。

野上 朗読劇でも出てきたんですが、ルネにはメガネケースをあげたいです。アランにはカレーをあげます。

鈴木 これは自分と重なる部分なんですけど、エルバートは男同士スポーツで遊んだり、熱い友情を育んだりとかがあまりなさそうなんですよね。僕も学生時代、女の子の友だちとばかり遊んでいて、そういうことをしてこなかったんですよ。だから、彼にはスポーツのボールをあげたいですね。いまのエルからは想像がつかない違った一面を見てみたいです。

八代 僕もボールって言おうと思っていたんですよね……(笑)。バーニーもあんまりスポーツをしなさそうなので。エルと一緒にキャッチボールをしてくれたら楽しそう。あとは朗読劇の中で、寝癖がすごいって言われていたので、ワックスとヘアアイロンもいいかも。

――クリスマスプレゼントといえばサンタクロースですけど、みなさんは何歳までサンタさんを信じていましたか?

八代 僕は今でも信じてますよ。

小林 去年は何をもらったの?

八代 ……去年はたまたま来なかったんですけど……。

濱野 まあお忙しいこともありますからね。

小林 おととしは?

八代 おととしっていうか、いつのまにか来なくなったんですよ。最後のプレゼントは、中1のときに図書券をもらいました。みなさんは?

濱野 サンタさんが来ることより、くれるモノが楽しみになってからは来なくなっちゃったかな。自分の子どもに「サンタさんが来るようにいい子にしていようね」って言うんですが、純粋に信じる姿を見ていると、こういうところにはサンタさんはくるんだなと、改めて思いますね。

小林 僕は8歳くらいのときに事件がありまして……。当時、ゲームボーイが欲しかったんですよ。でも、クリスマスの朝に起きたら「ごめんね、今回はゲームボーイを用意できなかったんだ」って手紙が置かれていたんですけど……、それが日本語だったんですよ。当時はイギリスに住んでいたので、子どもながらに「おかしい、イギリスなのに日本のサンタさんがくるわけない」と思って、親に問い詰めたの。そしたら向こうが折れて、もう信じなくなっちゃった。純粋に信じいてただけに真実を究明したくなっちゃったんですね。

鈴木 僕はサンタさんの姿を見たことがあるんですよ。7、8歳のときに。夢うつつのところに、シャンシャンシャン……って音が近づいてきて、見ると赤い巨体の男がプレゼントを置いていってくれたんです。その人が、お父さんの体格とはぜんぜん違ったんですよ。プレゼントはのぞんだものではなかったんですけどね(笑)。信じているというか、あれはなんだったんだろうといまだに思います。

野上 僕、裕斗さんと順番入れ替えてもらいたいんですけど……(笑)。あれは小学校5年生のときかな。クリスマイブの夜中、トイレに起きたら両親が怪しい動きをしていたんですよ。トイレに行って寝室に戻ったらプレゼントが置いてあったので、そこでなんとなく察したんです。でも、プレゼントをただ渡すんじゃなくて、ちゃんと枕元に置いてくれた両親には「ありがとう」って思いました。

小林 子どもができたら、ギリギリまでそういう夢は壊したくないですよね。

鈴木 お父さんとお母さんもがんばってくれていたんだね。

○▼八代の切実な2018年の目標は?

――実現の可能性は置いておいて、理想の年末年始の過ごし方を教えてください。

野上 やっぱりこたつで家族団らん! 僕は毎年必ず実家に帰るようにしています。

濱野 僕は仕事で始まって仕事で終わりたいので、休まず仕事をするのが理想かな。それだけ仕事をいただけているってことだし。家族も送り出してくれるんですよね。「仕事に行けるんだったら行ってこい」って。

小林 僕は年末年始は32年間ずっと家族と過ごしてきたので、友だちと過ごしてみたいかな。今年から一人暮らしを始めたので、家族以外と過ごしてみるのもいいなって思います。でも、まわりの人はみんな実家に帰っちゃうので、結局家で過ごしていると思いますね。

鈴木 僕は海外で過ごすのが夢ですね。いつもと違う環境で過ごすのは、思い出に残りますよね。

八代 僕は野上と似てるんですけど、やっぱり実家に帰って過ごすのが一番ですね。将来的には、子どもができて、その子を実家に連れていくっていうのが夢です。

――最後に、2018年の目標を教えてください。

野上 僕はもう、「楽しく生きる」ですね。仕事でもプライベートでも楽しく生きる、それだけです。

八代 そういうの大事だよね!

鈴木 僕は2017年、英語を話せるようになりたいなと思って英会話スクールに通い始めたんです。そこが、ポイント制なんですけど、まだ全然使いきれてなくて。2018年の3月にポイントが失効しちゃうので、年が明けたら急ピッチで教室に通わなきゃと思っています。

小林 英語が話せるようになったら『THE MARBLE LITTLES』が海外進出したときにも安心だね。

鈴木 でも、濱野くんとイギリスに住んでいた小林くんは喋れるんじゃない?

野上 生粋の英国紳士ですもんね?

小林 紳士だけど、英語は別に……。 

濱野 でも勉強って目標はいいよね。自分は2018年で声優を始めて6年目になるんですけど、10年目に向けての折り返し地点にきたので、自分なりにできることがなにかを見つけていきたいですし、作品により貢献できるよう力を蓄えていきたいなと。私生活では健康で充実した毎日を過ごせればと思います。

小林 僕は趣味を作りたいですね。1日休みをもらったら「よっしゃ、これやろう!」って思えるものを見つけたいんです。アンテナは張ってるつもりなんですけど、じゃあやってみようって思えるものがなくて。ただ、2018年は「興味ないな」と思って引くんじゃなくて、とりあえず始めてみるアクティブな人になりたいですね。

濱野 フィギュア集めとかいいかもしれない。コトブキヤさんのフィギュアをね(笑)。

八代 僕は、リモコンとか携帯とか、物をとったら元の場所に戻すっていうのを目標にしたいですね。

鈴木 子ども!(笑)。

八代 部屋が荒れていくんですよ。その習慣がないと掃除が大変になるじゃないですか。だから、「出したら元に戻す」を頑張っていきたいです(笑)。

『THE MARBLE LITTLES』は、現在までに少年5人とそのフェローズの物語を描いた5作のドラマCDが発売中。また、さまざまなグッズも展開中だ。2018年7月には、キャスト5名が再び集う朗読劇も予定されている。今後の情報は公式サイト、Twitterをチェックしてほしい。

○●野上翔、八代拓、濱野大輝、小林裕介、鈴木裕斗サイン入り色紙プレゼント

応募要項
■応募期間:2017年12月28日から2018年1月3日まで
■内容:野上翔、八代拓、濱野大輝、小林裕介、鈴木裕斗サイン入り色紙
■当選人数:1名様

■応募方法
1.マイナビニュースホビー公式Twitterをフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースホビー公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。 ※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

■当選条件
日本国内にお住まいの方 <個人情報取り扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。
(1)個人情報取り扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取り扱いおよび安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。
(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp
(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp
(高橋めねぎ)

関連記事(外部サイト)