『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』キャスト会見詳報 - 新戦隊はVS構造が生む化学反応に期待

『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』キャスト会見詳報 - 新戦隊はVS構造が生む化学反応に期待

画像提供:マイナビニュース

2018年2月11日からスタートする新番組『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のキャスト披露イベントが1月12日、都内で行われた。本作は、1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』を第1作とする「スーパー戦隊」シリーズの第42作目にあたる作品だが、従来のシリーズとは作品の構造そのものがガラリと変わり、作品中に対照的な2つの「戦隊」ヒーローチームが登場し、お互いが対立し合う「VS」という非常に斬新なスタイルが各方面で話題を集めている。

○「VS」が作り出す化学反応

カラフルに彩られた変身ヒーローのチームが、それぞれの得意分野や持ち味を生かしつつ、チームワークを最大の武器にして巨大な悪と戦うのが「スーパー戦隊」の基本姿勢。これまでの「スーパー戦隊」はこの骨子の部分を忠実に守り続けながらも、一方で時代背景や世間の流行に合わせてメンバーの個性や作品の世界観、基本設定などを大胆に変化させることによって、長期シリーズの宿命ともいうべき"マンネリ"に陥ることなく、常に感覚を研ぎ澄ませた斬新さを持つ作品作りが保たれている。

今から22年前となる1996年にリリースされた『超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』(監督:東條昭平)は、1995年に活躍した『超力戦隊オーレンジャー』と、その前年・1994年の『忍者戦隊カクレンジャー』が豪華共演を果たした、スーパー戦隊シリーズ初のVシネマである(当時はビデオソフトとして販売・レンタルが行なわれた。現在はDVDソフトが販売中)。この作品が好評を博したため、毎年のテレビシリーズ終了後か、あるいは終了間際に前年の戦隊との共演Vシネマ、すなわち「VS」シリーズが作られることになったのだ。2009年の『炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』より、Vシネマ発売に先がけて劇場公開が行なわれるようになり、昨年1月にも『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』が公開された。

「VS」といっても2つの戦隊がお互いを潰し合うまで戦うというわけではなく、基本設定もチームの特色もまったく異なる2つの戦隊が時に激しく争い対立しながらも、共通の巨大悪に対して一致団結し、2大戦隊のパワーを結集して戦いに挑むという「共闘」の部分に重きが置かれ、戦隊間の友情や絆が大きなテーマなのはどの作品にも共通している。「VS」シリーズは、通常のスーパー戦隊シリーズの2作ぶんのエッセンスを融合させたスペシャルなドラマ作りと、それぞれの個性を組み合わせたときに起きる「化学反応」のユニークさを楽しむ、非常にぜいたくな作品だといえよう。

そんな「VS」シリーズの醍醐味、すなわちまったく個性の違う2つの戦隊がお互いに争い、激しく戦いながらも、本当に倒すべき敵に対しては共に力を合わせる……といった特別なキャラクターシフトを、テレビのレギュラー放送でやってしまおうというのが、『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』のコンセプトだと思われる。

異世界から来た犯罪者集団・ギャングラーに奪われた宝物「ルパンコレクション」を取り戻すため、謎の執事コグレにスカウトされた3人の若者は"快盗チェンジ"で「快盗戦隊ルパンレンジャー」となり、ギャングラーに戦いを挑む。一方、ギャングラーから人々を守るため、国際特別警察機構戦力部隊の3人は"警察チェンジ"で「警察戦隊パトレンジャー」に変身。彼らにはルパンコレクションを押収し、人類の未来に役立てようする任務があり、これを邪魔するルパンレンジャーとは対立する立場にある。同じ敵(ギャングラー)と戦い、同じ獲物(ルパンコレクション)を取りあう2つの戦隊は、まさに宿命のライバル。毎回がクライマックス、毎回がデラックスな、過去に例のないまったく新しいスーパー戦隊シリーズのスタイルがここに誕生した。
○気になるキャスト陣、出演が決まった時の気持ちは?

キャスト披露イベントの司会進行を務めたのは、テレビ朝日の人気番組『日曜もアメトーーク!』の「スーパー戦隊大好き芸人」回(2017年7月30日放送)でも、尋常ならざるスーパー戦隊愛を熱く語っていた、ワタナベエンターテインメント所属のフリーアナウンサー・宮島咲良。独自に考案したという「ぼっち戦隊ミヤジマン」の名乗りポーズを宮島が見事に決め、集まった取材陣からなんともいえないどよめきが聞こえた後、本作のメインキャストがステージ上に登壇した。

まずはルパンレンジャーから。ルパンレッド/夜野魁利(やの・かいり)役の伊藤あさひ、ルパンブルー/宵町透真(よいまち・とうま)役の濱正悟、ルパンイエロー/早海初美花(はやみ・うみか)役の工藤遥が現れ、パトレンジャーからは、パトレン1号/朝加圭一郎(あさか・けいいちろう)役の結木滉星、パトレン2号/陽川咲也(ひかわ・さくや)役の横山涼、パトレン3号/明神つかさ(みょうじん・つかさ)役の奥山かずさが続いた。最後に現れたのは、魁利たち3人をルパンレンジャーにスカウトした謎の執事・コグレ役の温水洋一だった。

両戦隊の中でも最年少となる2000年1月19日生まれの伊藤は「フレッシュな6人と、コグレさんで頑張っていきたい」と、ステージに立ったメンバー全員で良質の作品を生み出す意欲を語った。オーディションでルパンレッド役を勝ち取った伊藤が出演決定の報を聞いたとき、「最初、タイトルに『VS』が入ると聞いて、これは映画か?と思って驚きました。自分が憧れてきたヒーローになれるときがきたと、興奮すると同時にうれしくなりました」と、憧れの存在であるヒーロー役をつかんだ喜びを語った。本作では第1話の段階で、キャラクターの異なる"レッド"戦士が2人(ルパンレッド、パトレン1号)いるという特殊な状況。レッド役ということについては「(結木と)協力して、番組を引っ張っていきたい」と、頼もしいコメントを残してくれた。

「一週間が待ちどおしくてたまらないくらい最高の作品にしたい」と、出演の抱負を落ち着いた低音の美声で語った濱は、役を射止めたとき「まさか自分が、というくらい驚きでいた。でも、このオーディションに受からなかったら(役者を)やめるくらいの勢いで挑んだので、すごくうれしかった。受かったと知ったときは、喜びのあまりそのままお寿司屋さんへ行き、自分なりの祝勝会をしました」と、レギュラーの座をものにした喜びを表した。ちなみに「どんなネタが好きなんですか?」と宮島に聞かれた濱は、少々意表を突かれたのかしばし考え込み「ヒカリモノが好きなので……」と言いかけるとすかさず宮島から「鯖(サバ)ですね! 漢字に"青"が入っていますし(笑)」とルパンブルーにちなんだイキな言葉が差し込まれ、会場に笑いを呼び込んでいた。

昨年の12月に、アイドルグループ「モーニング娘。」を卒業したばかりという工藤は「この作品が女優としての第一歩になります。たくさんの方に愛される作品になれば」と、さすが元トップアイドルらしく堂々としたふるまいで意欲を語った。もともとスーパー戦隊シリーズの大ファンだったという工藤は、かつて13歳のときに事務所の先輩である真野恵里菜から「『5年後とか(戦隊ものに)出てるかもしれなくない?』と言われたんですよ。ちょうど今がその5年後、18歳なので、真野さんってすごいな、予言者なのかな、と驚きと喜びがめぐってきました。私にとっては、ルパンイエロー役になることができたのは奇跡でもなく、偶然でもなく、必然。私にしかきっとできない役なんだという自信を持って、頑張ろうと誓いました」と、5年前のトーク映像『つん倶楽部』での衝撃的な真野の"予言"について語った。

子どものころ、スーパー戦隊シリーズから勇気や元気をもらっていたと話す結木は、自分自身がヒーローを演じるにあたって「今度はこの6人が今の子どもたちに勇気、元気を与える存在になりたい」と真摯にコメント。シリーズ史上初の"ダブルレッド"のひとりに選ばれたと知ったのは、オーディションの翌日だったという。結木はそのときのことを振り返って「会議室で書類を渡され、マネージャーさんから真顔で『こういうことだから』と言われて、もしかしてオレ、クビなのかな?って不安になったのですが、パトレン1号が決まったという話で、うれしいというよりホッとしました。これから子どもたちのヒーロー、しかも警察戦隊の一員になると考えたとき、今まで以上に責任感が増しました」と、役柄と同じく真摯な姿勢でヒーローになる喜びを表していた。

「親しみやすいヒーローになれるよう、この1年間頑張っていきたい」と気合い十分な横山は、「オーディションの段階で自分が出せるものは全部出した。だから受かっていると信じよう!と思っていました。でも受かったと聞いても実感がわかなくて、本当にオレでいいのかな、なんて思うようになりました。今はだんだん実感が湧いてきて、子どもたちの憧れである"警察"ヒーローになるんだ、という責任感を持って撮影に取り組んでいます!」と熱を込めてコメント。宮島からは、「マイクの持ち方がロックですね〜!」と、マイクの先端部分をつかむように握っていた様子を巧みに指摘され、ヒーロー役にかける情熱をあらためて自覚するかのように爽やかな笑顔をのぞかせた。

工藤と同じく、本作で女優デビューを果たす奥山は「みなさんに愛され、カッコいいと思ってもらえるようなヒロインを目指します」と、やや緊張気味にあいさつ。役が決まったと知らされたときのことを振り返ると、「父が警察官なので、警察戦隊という役柄はとてもうれしく、早く父に伝えたいと思いました。警察、女優という自分がなりたかった夢をふたつ同時に叶えられたことで、幸せな気持ちでした」とにこやかに答えた。警察官の父から犯人逮捕の仕方など、何かアドバイスはあったか?という質問には「指導はありましたが、けっこうスパルタで(笑)。パトレンジャーを演じる上で、わからないことはいろいろアドバイスしてもらおうと思っています」と、警察ヒロインを演じる意欲に満ちたコメントを残した。

テレビや映画で長年活躍しており、抜群の知名度を誇る名バイプレイヤーの温水は「こんなに若くフレッシュな方たちと一緒に芝居をしている毎日は楽しい」と撮影現場の雰囲気の良さを語ったのち、「僕は昔から、謎や秘密が大好きなんですが、コグレは台本を読んでも謎だらけで気に入っています。日曜日の顔になれるように頑張ります」と抱負を述べた。コグレ役のオファーがあったときは「子どものころ、なりたくてもなれなかったヒーローの世界に、大人になってから関わることができたのはうれしい。最近は寺島進さん(動物戦隊ジュウオウジャー)、笹野高史さん(手裏剣戦隊ニンニンジャー)、関根勤さん(烈車戦隊トッキュウジャー)など、名のある俳優さんも多くレギュラー出演されているので、僕もそういう"枠"で出られるんだなという喜びがありました。喜びのあまり、お寿司を食べに行きました(笑)」と、濱の"祝勝会"ネタに被せて、出演への意欲を語った。
○「スーパー戦隊」撮影でさっそく洗礼!?

スーパー戦隊シリーズにつきものの"アクション"に関しては、伊藤が「第1、2話の段階からアクションシーンが多く、ルパンレンジャーの3人で楽しみながらやっています」とコメントしたのを受け、工藤が「私はダンス経験があるので運動神経には自信があったんです。アクションで私が一回でOKを出すと、何度も何度も時間をかけて撮影した伊藤くんが悔しがるんです(笑)」と、チーム内にあってもいい意味でのライバル心があることを明かした。濱からは「僕は2人よりも年上なので、アクションをやるとすぐ筋肉痛になって、翌日にはロボットみたいな歩き方になってしまう(笑)。体のケアをしっかりやって1年間頑張ります」と、ハードなアクションを楽しむと同時に、真剣に取り組む姿勢を見せた。

作品の中では互いにライバル関係にあるルパンレンジャーとパトレンジャーだが、両チームは非常に仲がよく、撮影中は非常にいいチームワークが築かれているそうだ。結木によれば「6人で撮影の合間に、演技の話から他愛のない話まで、本当に仲良くしていますね。いまは"お絵かき伝言ゲーム"が流行っている」とのこと。しかし伊藤から「結木くんはみんなの中で一番絵がヘタで、何を描いているか伝わらない(笑)」と、意外なウイークポイントを指摘される一幕もあった。

また、横山は「パトレンジャーの中で、僕は後輩の役柄。先輩のつかさが咲也を叱ってパンと叩くシーンで、最初は遠慮をして弱かったから『もっと強くていいですよ』と言ったら、次からはバーン!と真剣にパンチが来た。それで全然いいんですけれど、何度もやると単純に痛いという(笑)」と撮影時の裏話を明かすと、これを受けた奥山が「それは仲間を信頼しているから強く叩ける、真剣に演技ができるというわけで、みんなの仲がよくて助かった部分です」と、仲間同士の信頼感ゆえに本気で芝居ができることを、あらためて実感していたもよう。
○キャストのお宝を発表

続いて、作品中での"ルパンコレクション"にちなみ、出演者にとって「絶対に渡せない自分だけのお宝」を挙げるコーナーに突入。伊藤は飼い始めて3ヶ月の「愛犬」。濱は、どこの現場に行っても褒められるというバリトンボイスを強調しての「声」。工藤は、記念すべき演技デビュー作として一生の宝にしたいという思いを込めて「この作品」。結木は、常に自分を支えてくれる大事な存在として「家族」。横山は、今までやってきた経験が現在の自分につながっているという意味を込めての「仕事」。奥山は、上京にあたって地元の親友が描いてくれた「絵」に元気をもらったということで「親友がくれたプレゼント」と発表した。

新番組を楽しみにしているファンたちへのメッセージとして、伊藤が「史上初のダブル戦隊、ルパンレンジャーとパトレンジャーがどんなVS劇を繰り広げるか、そして両戦隊がどのようにしてギャングラーを倒していくのか。第1話から、とてつもなく豪華な内容になっていますので、ぜひお楽しみいただきたいです。ルパンレンジャーとしては、子どもたち、視聴者のみなさんのハートをクールに盗むことを"予告"します!」と、"快盗"らしくクールなアピールを行った。

これを受けて結木は「ダブル戦隊ということで、パトレンジャー視点とルパンレンジャー視点で違った楽しみ方ができる、というのが、今までのスーパー戦隊にない特色だと思います。毎週30分の中に見どころが満載で、まずは2月11日の第1話放送を楽しみに待っていてください! ルパンレンジャーに"予告"されてしまいましたので、パトレンジャーからも一言。子どもたち、視聴者の方々のハートを盗むのは許します! ただ、僕たちパトレンジャーはルパンレンジャーを絶対に捕まえることを誓います!」と、共にギャングラーと戦うヒーローでありながら、決して交わることのない"快盗"と"警察"の対立構造を強調してイベントを見事にしめくくった。

新番組『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』は、2018年2月11日より毎週日曜午前9時30分(一部地域を除く)よりテレビ朝日系全国ネットで放送スタート。プロデューサーは佐々木基(テレビ朝日)、宇都宮孝明(東映)ほか、脚本は香村純子ほか、監督・杉原輝昭ほか、音楽・高木洋、特撮監督・佛田洋(特撮研究所)、アクション監督・福沢博文。

なお、それぞれの変身アイテムのなりきり玩具「変身銃 DX VSチェンジャー ルパンレッドセット」「ダブル変身銃 DX VSチェンジャー パトレン1号セット」(各4,200円/税別)は、放送前日となる2月10日に発売される。

■著者プロフィール
秋田英夫
主に特撮ヒーロー作品や怪獣映画を扱う雑誌などで執筆。これまで『宇宙刑事大全』『宇宙刑事年代記』『メタルヒーロー最強戦士列伝』『ウルトラマン画報』『大人のウルトラマンシリーズ大図鑑』『ゴジラの常識』『仮面ライダー昭和最強伝説』『日本特撮技術大全』『東映スーパー戦隊大全』『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』『鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー大百科』をはじめとする書籍・ムック・雑誌などに、関係者インタビューおよび作品研究記事を多数掲載。

(C)2018テレビ朝日・東映AG・東映
(秋田英夫)

関連記事(外部サイト)