『DEVILMAN crybaby』熱い支持なぜ - 湯浅監督「アニメ化はこういうふうに」

『DEVILMAN crybaby』熱い支持なぜ - 湯浅監督「アニメ化はこういうふうに」

画像提供:マイナビニュース

●"そのまま"の誤解
Netflixにて配信されているアニメ『DEVILMAN crybaby』が好評だ。本作は、言わずと知れた永井豪氏の漫画作品『デビルマン』を、氏の漫画家デビュー50周年を記念して新作アニメ化したもの。原作があるものにはすでにファンが存在し、アニメ化ともなれば厳しい目で見られがちだ。だが本作は、「次を見るのが止められない」「何度も繰り返して見てしまう」などの声も上がるなど、新・旧ファン問わず熱狂的な支持を集め始めている。この成功の要因は何なのか、監督を務めた湯浅政明氏を直撃した。

○アニメ化の際に大事なのは読んだ時の"感触"

――『DEVILMAN crybaby』は、誰もが知る漫画『デビルマン』が原作ということで大きな注目を集めました。湯浅監督は原作がある作品のアニメ化も多く手がけられていますが、普段作られる際にはどんなアプローチで作られるのでしょうか。

知らない原作であれば読んでみて、それがどういう作品なのか、どうやればアニメになるのかを考えます。『デビルマン』については知っていましたし、たぶん簡単にはできないイメージもありました。でも最近調子がいいので自分ならできるだろうと(笑)。考えていけば解決策が出てくるかなと構えていました。

原作があるものにはファンがいます。一般の方はたぶんメディアの違いはあまり把握されていなくて、漫画の絵や台詞をそのままもってくるのがアニメ化だという印象をもたれているのではないかと思います。それが違うと、"改変"とも言われたりしますよね。僕が一番大事にしているのは、読んだ時の感触。読んで自分の中にできたものがその作品だと思っています。一方で、それは人によって見え方が違っているので、人の意見を聞きながらも、最終的に自分にはだいたいこういうのが見えた、こういう事なんじゃないかと想定しながら作っています。

『デビルマン』は70年代の漫画なので、当時の世相や雰囲気を受けた作品です。その当時には"今"として読んでいたものを、今、70年代の話としてそのままアニメにしてしまうと、"過去"の話になってしまう。原作は"過去"の話を描いた作品ではないですから、読んだ時の感触を"今"にもってくるために現代を舞台にしています。これから起こるかもしれない、起こっているかもしれないお話としてこの作品を作ろう。そうしながらも、やはり外せないクライマックスやラストシーン、自分の好きな台詞やポーズもあるので、それを入れるためにどうやってつなげていけばできるのか、ということを考えながら作っています。

原作は絶妙な構成なのですが、でもそれは漫画だからの構成なんですね。例えば、舞台劇をドラマ化するといっても、そのまま舞台全体の画を撮っていてもダメじゃないですか。"そのまま"やるということはたぶんそういうことじゃない。寄ったり引いたりというのは見た人の感覚が入っていますから。やはり自分の見た感覚で現代に合わせていかなきゃいけないんですよね。読み物の場合は、見ている人がその中に書かれていないものまで補完していることが多いんです。映像はもっと受け身なので、その書かれていないものまで補完して映像にしていくイメージですね。

――今回映像化のベースになったのは当時監督が読んだ時の感覚でしょうか、それとも今でしょうか。

それは当時ですね。当時読んで、単純におもしろいというのと、勧善懲悪じゃない、善がやぶれることもあるということが印象深かった。そういう作品も少なかったですし。それでそうなりそうな世相もあって……という。そういうところに感銘を受けていました。とはいえ、16、7歳のころに読んだのですが、やはり読んで一番ショッキングだったのが美樹ちゃんでした。"こういうこと"があるんだ……と。

今回の制作では、"こういうこと"が起こる状況を作っていく、というのも考えていくことの一つでしたね。それと、ラストについて当時はちゃんと意味がわかっていなかったのですが、そういう深い部分については今になって読み直して、こういうことなのか、ああいうことなのかというのを、こう表現すれば当時の自分に説明できるのかなということを考えながら作りました。例えばサタンというと、永井さんはみんながサタンの生い立ちを知っていると想定して描かれていると思うんですけど、僕みたいな知らない人間はそこも描いてあげたほうがより内容が伝わるのかなと思って、足したりして作っていますね。

――アニメ化が決まり、永井先生とはどんなお話をされたのでしょうか。

みんなが集まった席でお話しできる機会があったのですが、いまだに変わらぬ創作意欲と努力を続けられていて、どういったところでモチベーションを保っていらっしゃるのかとかそういったところが気になっていたので、いろいろ質問させていただきました。ですが、自分とはくらべものにならないくらい元気で、力強い感じだったので、逆にこっちがもっと頑張らないと、と思いましたね(笑)。

●アニメで"表現しきりづらい"こともある

――作品を拝見していて、配信ドラマのように次回が気になる構成になっていました。そういったところは意識されていましたか。

特に配信は次を見るという意識がないとすぐに見てもらえなくなってしまうので、次を見たくなるような感じにというのはありましたね。脚本の大河内一楼さんはしっかり構成を考えながらも、ドラマチックに次へ引っ張るのがうまいというので、そういうところも頑張ってもらっています。

――作品では愛がテーマになっていますが、ほかにコンセプトとして考えていたもの、先ほどの原作を現代に舞台を移し替えて描くというのも一つのコンセプトであるとは思うのですが、そういった本作を描く上での指針はありましたでしょうか。

そうですね。一つは「アニメ化ってこういうふうにするんでしょ?」という感じがあるんですけどね(笑)。媒体の違いに興味があって、ほか媒体の原作ものをアニメに移し替える時にどうやるのか。それに対してああやればいいのかこうやればいいのかなというところを楽しみながら作っています。『DEVILMAN crybaby』に関しては、原作のワイルドさや怖さはアニメではちょっと表現しきりづらいと思ったので感情方面によっていますね。サタンがなぜ泣いたのかとか、明たちは何を守ろうとしたのかとか、なぜ美樹ちゃんがヒロインだったのかとか、なぜ明はサタンに好かれたのかとか。そういうところをより強調する形で。アニメではそのほうがいいだろうと判断して作っています。

――声優キャストはどうやって決められたのでしょうか。

音響監督の木村絵理子さんとやりとりしながらベストなキャストを選びました。一番の冒険は、不動明役の内山昂輝くんが「デビルマン!」というところ。これは最初考えていなかった設定だったのですが、やはり正解だった。最初のかわいい内山くんもすごくいいですよね。

――音楽面もかなり特徴的ですよね。これはどういった流れで制作されたのでしょう。

ぼくからはテーマ曲や大事な曲を何点か指定するだけで、後は選曲の合田麻衣子さんが敷いたラインにのりながらも、音楽の牛尾憲輔さんはすごく作りたがりの人なので、さらに新しいものが出来たりして、曲ができるたびにその使い方を設定していきました。

――それは先に音楽があって、そこから映像を作るという流れですか。

そういうわけでもなくて、音楽が出来た後に合わせて絵を作るのはスケジュール的に難しいんです。シーンによっては既に上がった音楽に映像を当て込んでいく場合はありますけど、完璧には合わせられなかったりしますから。でも使い方がわかるとみんなおもしろがって使ったりしますね。今回も、静かな曲から一瞬盛り上がって、一時、間があって、はじけるという曲があるんですけど、上がって来た時にもうこれは本編の最後から入ってエンディングで流れることにしましょうとか決めて。そういった意味では、尺をそんなにはっきり意識しなくてよかったのが配信の一番おもしろいところではありました。エンディングに毎回違う曲を入れることもできるわけです。気に入るとみんなこの曲をあそこにも使おう、ここにも使おうみたいな感じで使いすぎになっちゃうんですが(笑)。
○監督にとって原作『デビルマン』とは

――若い世代は『デビルマン』を知らない方も多いと思います。当時影響を受け、今回アニメ化を手がける湯浅監督から見て、原作の魅力はあらためてどんなところなのでしょうか。

今はわかりづらいとは思うんですけど、エポックメイキング的な作品なんですよね。みんな『デビルマン』以降と以前で変わってしまっているので。今なお追随を許さない点では、当時の世相を読み取っていて、それが現代にも通じるところがあり、そしてその時の人間が頼りないものですよというのが明確に描かれていること。そこまではっきり描かれた作品はあまりなかったのではないでしょうか。作品の真価を知るのは難しいかもしれませんが、漫画でもアニメでも見てもらえれば、少しでも触れていただけるのかなと思っています。

――なぜ"今なお追随を許さない"ことを当時なしえたのでしょうか。

永井さんの破天荒さというのがたぶん今はなかなかありえないですから(笑)。想像力と、おもねらない姿勢。「ほかと違うことをやってやるぞ!」という気概にあふれていますよね。今は、なかなかそういうことは許されないと思ってみんながやっているところがありますから。それは勇気なのかもしれないですけど、そういうスピリットは僕も見習いたいなと思います。

――一発目の登場シーンからぶっ飛んでたりしますもんね。

そうですね。根本的な問題なんですよね。根本的にこれをやるっていうこと自体が。それを発想して形にできているというのがやはり本当にすごいと思いますね。

『DEVILMAN crybaby』は、Netflixにて全10話全世界配信中

プロフィール
湯浅政明(ゆあさ まさあき)
1965年3月16日生まれ。福岡県出身。九州産業大学芸術学部美術学科を卒業後、アニメ制作会社・亜細亜堂へ参加。TVアニメ『ちびまる子ちゃん』第1期(1990年)では本編の原画に加え、初代オープニング(「ゆめいっぱい」)や初代エンディング(「おどるポンポコリン」)の作画を担当した。フリーに転身後、『マインド・ゲーム』(2004年)でアニメ映画監督デビュー。小説家・森見登美彦氏の原作をもとにした『四畳半神話大系』(2010年)ではTVアニメ作品で史上初となる文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞した。2014年には漫画家・松本大洋氏のコミックをアニメ化した『ピンポン THE ANIMATION』でメガホンを取りながら、全話の脚本および絵コンテを手がけた

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(公文哲)