高杉真宙、女子と間違われスカウトされた過去 - 漫画三昧の意外な休日明かす

高杉真宙、女子と間違われスカウトされた過去 - 漫画三昧の意外な休日明かす

画像提供:マイナビニュース

漫画実写化映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』(3月3日公開)に出演する俳優の高杉真宙が、電子コミック配信サービス「めちゃコミック(めちゃコミ)」の「有名人が好きな漫画を語りつくす!独占インタビュー」に登場。映画では柔和なモテ男子・桜井和央を演じる高杉が、大好きな漫画について語っている。

インタビューでは、1か月で30冊の漫画を購入するという高杉の意外なオフの日の過ごし方を告白。さらに、なんと今はまっているのは少女漫画なのだという。そして出演作品の原作である『プリンシパル』(いくえみ綾/集英社)については、「ファンとして大好きになって。大事に演じたいという気持ちがさらに強まりました」と語っている。一方で、高杉は「女の子と間違われてスカウトされた」過去があり、「女の子と間違われていた」和央にシンパシーを感じる部分があることも明かしている。

関連記事(外部サイト)