声優・瀬戸麻沙美『B: The Beginning』語る、うっかりなリリィに共感

声優・瀬戸麻沙美『B: The Beginning』語る、うっかりなリリィに共感

画像提供:マイナビニュース

2018年3月2日より全世界同時配信されているNetflixオリジナルTVアニメ『B: The Beginning』。群島国家「クレモナ」を舞台に、王立警察特殊犯罪捜査課・RISの伝説の捜査官キース・フリックが連続殺人犯のKiller Bを追っていくノンストップクライムアクションだ。

今回は、本作のヒロインでもあり、RISの若手捜査官・星名リリィを演じる瀬戸麻沙美にインタビューを実施。作品の魅力やアフレコ現場での雰囲気について語ってもらった。

○▼うっかりなところがリリィと似ています

――今回、瀬戸さんは王立警察特殊犯罪捜査課、通称「RIS」の若手捜査官、星名リリィ役として出演されています。

『B: The Beginning』は、RISが、犯行現場に必ず「B」の文字を刻み込む連続殺人犯「Killer B」を追うところからストーリーがはじまります。本作で起きている事件は表面的なことだけではなく、たくさんの人物やできごとが絡み合っていき、伏線が大変多いストーリーになっています。観るときに感情移入しすぎるとショックなこともあるかもしれないですね。

――なんの情報もないまま観たほうがいい?

最初は物語に流されるままに観てほしいですね。『B: The Beginning』はNetflixでの配信なので、どの話数も自由に観ることができます。なので、途中で「あそこはこうなっていたんじゃないか?」って前の話数に戻ることもできる。なので最初はまっさらな気持ちで観てほしいですね。

――様々な濃いキャラクターが登場するなかで、リリィは見ていて安心するキャラクターです。

作品内でのリリィのポジションは視聴者目線に近いので、そう思っていただけるのも納得です。彼女はどんな状況下でも明るさを失わず行動する子なので、物語を進めていくなかで必要なキャラクターですね。

――そんなリリィの魅力は?

老捜査官であるボリス・マイヤーに「どんぐりみたいな目をして」と言われるシーンがあるくらい、彼女の目は印象的ですね。いつでも目をカッと見開いていて、伝説の捜査官であるキースですら彼女の前では嘘がつけない。真摯に向き合わなきゃいけないと思わせる強さを持っているんです。それはお芝居だけではなく、キャラクターのデザインとしての魅力でもありますね。

――リリィと瀬戸さんが共通点を感じるところはありますか?

彼女は第1話から手帳を忘れるなど、うっかりしているじゃないですか。そこに共感しましたね(笑)。リリィ自身はちゃんと考えているんですけど、その上で足りないところがあって、そういったうっかり屋さんなところに共感します。

――どことなく瀬戸さんが所属事務所のオーディションに遅刻したときのエピソードを思い出しました(笑)。最近のうっかりエピソードといえば?

もう、うっかりばかりで……(笑)。うっかりなのかはわかりませんけど、最近はうっかりインフルエンザにかかってしまいました。

○▼見どころはリリィとキースのやり取り?

――アフレコ現場での雰囲気はどんな感じでした?

オリジナル作品なので誰も次の展開を知らないので、台本が届くたびに「ここのシーン、こうなるんじゃないか」とアフレコ現場で予想していました。でも、作品の雰囲気なのか、大賑わいするような現場ではなかったですね。

――別作品での現場で、黒羽役の梶裕貴さんと仲が良かった印象がありますが今回は。

あ、梶さんに言われて印象深いことがあります。リリィってあっけらかんとした性格なので、そこが私と近いという話になったんです。そのときに私が「でも私も真剣に考えることがあるんですよ」と言ったら、「瀬戸ちゃんも思い悩むの?」って(笑)。そんな言い合いをよくしてしましたね。あと、ベテランの方が多い現場だったんですけど、梶さんが若手と先輩の架け橋になってくださり、現場の雰囲気を作ってくださっていました。

――中澤一登監督が『B: The Beginning』のモチーフは黒と言っていました。いろんな色を混ぜたら黒になるという感覚が面白かったと。

なるほど、それは納得がいきますね。アフレコのときは、じっくり一話ずつ噛み砕いて収録しているんですけど、完成したあとに連続で観ると、あっちこっちでいろんな事件が動いているんですよ。それらが最終的に絡み合ってひとつの色に、真っ黒になってくる。そういうイメージですね。ただゴチャゴチャしているかのように見えて、すべてがきれいにつながっている。混沌とした黒ではなく、透明感のある黒だと思います。

――ちなみに瀬戸さんが好きな色は?

えー、悩む。悩むな―……。緑や黄緑は身の回りにおいておきたいんですよ。あとはピンクも好きですね。推しているアイドルのカラーがピンクなので(笑)。

――最後に、瀬戸さんがお気に入りのシーン、観てほしいシーンはありますか?

好きなシーンは第4話で、はじめてリリィがキースの家に乗り込んでいくところですね。キースの生活空間が見れるというのがまずひとつ。そして、キースってお客さんがきたらこうやってもてなすんだっていうところが知ることができたのが面白かったです。

――リリィとキースのやり取りは面白いですね。

それまでのキースはことば数も少なくて、リリィのことも煙たがっていたんですけど、そこからはリリィに構わずにはいられなくなってしまう。ふたりが事件について話しているとき、リリィが話したことを聞き流せる大人の男かと思いきや、言い合いの最後に「フンッ」と言ってしまう、かわいいところがあるんだなって。あと、各自のデバイスがジャックされたときはすごくゾッとしました。日常生活が見られてしまう。そういうスリリングさとコミカルさの緩急が楽しいですね。

Netflixオリジナルアニメ『B: The Beginning』
配信:3月2日 Netflixにて全世界同時配信
エピソード:各話約23分/全12話

○●瀬戸麻沙美サイン入りチェキプレゼント

応募要項
■応募期間:2018年3月2日から2018年3月9日まで
■内容:瀬戸麻沙美サイン入りチェキ
■当選人数:2名様

■応募方法
1.マイナビニュースホビー公式Twitterをフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースホビー公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。 ※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

■当選条件
日本国内にお住まいの方 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。 (1)個人情報取り扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取り扱いおよび安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。 (2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp (3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp

(C)Kazuto Nakazawa / Production I.G
(加藤大樹)

関連記事(外部サイト)