今度の映画は『ドラゴンボール超』!原作者・鳥山明氏のコメントを紹介

今度の映画は『ドラゴンボール超』!原作者・鳥山明氏のコメントを紹介

画像提供:マイナビニュース

ティザービジュアル

劇場版「ドラゴンボール」の記念すべき20作品目となる新作映画のタイトルが、映画『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)となり、2018年12月14日(金)に公開されることが決定。ティザービジュアルとメインスタッフ情報が公開された。

初の映画化となる『ドラゴンボール超』を監督として手がけるのは、TVアニメ『ドラゴンボール超』でシリーズディレクターを担当し、『ONE PIECE FILM Z』でも監督を務めた長峯達也氏。そして、作画監督は新谷直大氏、美術監督は小倉一男氏が担当する。

今回公開されたビジュアルで描かれている孫悟空は、オーディションで精選され、作画監督として立つのは今作が初となる新谷氏が、幾度となく原作者・鳥山明氏とのやりとりを行ってキャラクターのデザインを新たに、今作用に描き下ろしたもの。原作に近い色味に寄せ、よりアクションが引き立つようにシルエットが引き締められている。新たな展開を予感させる白い背景のビジュアルは、キャッチコピーの通りいよいよここから「超」劇場版が始まることを意味している。

なお、原作・脚本・キャラクターデザインを手がける鳥山氏からはコメントが到着。その内容から、TVアニメ『ドラゴンボール超』の次のエピソードになることが伺える。

■鳥山明氏のコメント
今度の『ドラゴンボール超』の映画は、今テレビで放映されているアニメの次の話になります。
宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザの事が少しわかるような内容で、とっておきの強敵を迎えとても楽しめるような話になっていると思います!
2013 年の映画『神と神』から、前回の『復活の「F」』、そして今回もずっと話は僕がばっちり書いていますし、デザインイラストなども結構たくさん描かせてもらっています。
実は、相変わらず忙しいのですが、連載をしていなければ、以前は全くノータッチだったアニメのことを考える余裕もあるわけです(笑)ということで是非ご期待ください!
さて、テレビアニメは一旦終わってしまいますが、大人気のとよたろう先生の描く『DB超』の漫画(コミックス5巻まで発売中!)はこのままずっと続きます。テレビアニメや映画とはまた違った展開もあると思うので、楽しみにしていてください。こちらもぜひよろしく!

映画『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)は2018年12月14日(金)の公開予定。各詳細は公式サイトにて。

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

関連記事(外部サイト)