『B:The Beginning』"おじさん率"の高さに隠れた意図、中澤一登監督語る

『B:The Beginning』"おじさん率"の高さに隠れた意図、中澤一登監督語る

画像提供:マイナビニュース

Netflixオリジナル作品として、新作アニメ『B: The Beginning』の全世界独占配信がスタートした。『B: The Beginning』は群島国家「クレモナ」を舞台に、王立警察特殊犯罪捜査課(通称「RIS」)の伝説の捜査官キース・フリックが、犯行現場に必ず「B」の文字を刻み込む連続殺人犯「Killer B」を追う様を、海外ドラマさながらの壮大なスケールで描くオリジナル作品。美しい作画と迫力のアクションシーンも話題を呼んでいる。本作で監督を務めた中澤一登氏に、本作の見どころを訊いた。

■プロフィール
中澤一登(なかざわ かずと)
1968年生まれ、新潟県出身。アニメーション監督、アニメーター、イラストレーター、キャラクターデザイナー。アニメ『サムライチャンプルー』『残響のテロル』、映画『デジモンアドベンチャー02』(2000年)『HELLS ANGELS』(2008年)などで作画監督を担当。映画『キル・ビル』(2003年)ではアニメパートの監督を務めた。

○『B: The Beginning』あらすじ

王立警察特殊犯罪捜査課へと戻って来た天才捜査官キース・フリックは、ある事件の犯人を追っていた。凶悪犯罪者ばかりを狙う連続殺人鬼、通称『Killer B』。犯行現場に必ず刻み込まれた『B』の文字は人々の注目を集め憶測を呼んだ。『B』それは彼女のためのメッセージ。『ぼくはここにいる……』その身を異形に変え、黒羽(コクウ)は届かぬ思いを刻み続ける。キースと黒羽、互いに見知らぬ二人の運命は、やがて一つの陰謀へと飲み込まれていく――。
○劇中におじさんキャラが多い理由

―― 一般的なアニメ作品ですと、美形のキャラクターが主人公であるケースが多い印象があるのですが、本作の主人公はちょっと野暮ったい感じのおじさんであるキースです。この設定にはどんな狙いがあるのでしょうか?

"狙っていた"というよりも、最終的に主人公になっちゃったという感じですね。最初は2、3人くらいのキャラクターがそれぞれ中心になるイベントを持ち回りでやろうと思っていたのですが、とにかく黒羽がしゃべらないので。

もう一つは、物語の中にある「不条理」の面ですね。例えば、兄弟ゲンカをすると、本当は次男が悪いはずなのになぜかいつも長男が怒られる……とか、社会に出てからも「不条理」なことってたくさんあるじゃないですか。こういう「不条理」に対して、若い時は立ち向かえるんだろうけど、ある程度経験を積んでくると、それを踏まえた上でものごとを考えるようになる。

『B: The Beginning』が描いているのは、わりかしピュアなものがない世界の物語ですから、結果的に(年齢がいった)キースが立ってきてしまったというところですね。ですから、キースが主人公になったのは、最初から決めていたというより"後天的なもの"になります。

――登場するキャラクターを見回してみると、普通の作品であれば1人いるかな……くらいのポジションのおじさんが多い印象がありました。

本当に飾らない言葉で言ってしまうと、描きやすい!(笑)ですね。なんでもそうなんですけど、絵を描く時はカドを基準にして描いていくんです。美形のキャラクターは、その基準になるパーツがすごく少ないケースが多くなるので、描くのが苦手だし。やっぱり僕が絵描きなので、どうしてもそういう発想になるんですね。

――それにしても、いろんなバリエーションのおじさんが出てきますよね。

1人もシルエットの同じやつがいないというね(笑)。
○雑談が作る人間関係を描く

――もう一つの特徴として、「王立警察特殊犯罪捜査課」や「マーケットメイカー」であったりと、一つのグループで描かれるキャラクターの数が多いような……。

そうですね。気付かれる方は気付くと思うんですけど、ほかのアニメに比べてこの作品はかなり「雑談」が多いんですよ。無駄なしゃべりや意味のない言葉は、尺が限定されているものだとなるべく削除していくというのがセオリーだったりするんです。でも「雑談」っておもしろくないですか? 僕は、「雑談」の中でこそ人間関係ができていくような気がしているんです。そう考えていくと、おじさんの「雑談」っておもしろいなって。

僕はこれまでにも「雑談」ばかりのアニメをすごく作っているんですけど、アフレコ現場で、ライブ感のあるやりとりがおもしろい役者さんを……と考えると、年齢がいっている方が多いんですよ。信頼関係の中で成り立っている罵詈雑言とかって、大人の世界じゃないと成立しないじゃないですか。ただの悪口ではない、コミュニケーションツールとしての「雑談」。それが行われている状況を作る時に、おじさんっていじりやすいんですよ。

――企画の最初のアイデアから、今の形になるのにはかなり変化があったとお伺いしました。

脚本の石田(勝也)くんと10年くらい前から、「こんな話を作りたいね」と考えていたものがあったんです。それは中世のファンタジーで、"狂気が当たり前のようにある世界で日常が進んでいく"という話だったんですけれど、「現代劇の方がいい」という要望があったので、そのアイデアを現代劇に置き換えてみたら、なんか違うものになったんですよ(笑)。

――登場するキャラクターにも変更はあったんですか?

黒羽とキースはいました。パイロット版の時には、とにかく絵面を派手にするために羽をつけたりとかしてたんですけど、本編ではどうかなという話もあったんです。これも絵描きとしての発想なんですけど、「地面があると面倒くさい」っていう(笑)。重力というものが発生した状態でのアクションと、ない状態でのアクションだと、ないもののほうが比較的自由が利くので。

黒羽については、名前がぽっと浮かんでいました。一人ぼっちの「孤独」と、「虚空」という感覚。そして黒い羽と書いた字が頭にイメージとしてあったので、それらをかけ合わせてみようというところからできたキャラクターですね。
○"洋楽"のように聞ける力のある声を

――黒羽は対するキャラクターによって見せる顔も異なる難しい役どころですが、そこに梶裕貴さんを当てたのはなぜなのでしょう? また、キース役の平田広明さんもすごくはまっていますよね。

まず平田さんは、アタマから決めていました。平田さん演じるキースと、森川(智之)さん演じるギルバートの2人は、最終話でずっとしゃべり合うことになるだろうと想定していたんです。そうなった時に、声に力のある2人であることがとても重要だなと。"洋楽を聴いている感覚"といいますか、歌詞の意味はわからなくても、世界に酔いしれるような、力のある音というのを考えた時に、ほかに思い浮かぶ人がいませんでした。

梶くんや、ほかのキャストさんたちはオーディションをしてもらったんですけど、梶くんはもう即決でした。個人的にも、ほかの人の意見でも「梶くんだよね」ということだったので。僕も確かに上手だなと思いました。現場でもどんどんいろんなアイデアをもってきてくれて、「ハイ、それでお願いします」という感じでした。振り返ると、もっとしゃべってもらってもよかったなって(笑)。

○イメージは「黒」だけど、すべてが「グレー」な世界

――テレビと配信作品では、作り方の面でかなり違いがあると思うのですが、一作を監督されてみて、作り手の目線で「発見だったな」と感じたことはありましたか?

「全部が合わさったときの心地よさ」ですかね。絵ができました、音が入りました、全部ガチっと合わさって見てみましたというそれぞれの段階で、すべてのパートの印象が違っていたんですよ。その箇所その箇所で100を出していると崩壊してしまうこともあるので、最後の最後でその話数がもっているいい見え方にもっていくために、こういう風に振り分けなきゃいけないんだということは本当に勉強になりましたね。

今回すごく見て参考にさせてもらったのは海外の連続ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』だったんですけど、正直なところ僕も細かいところまでは理解できないんです。いろんな家があって、「あれ、この家なんだっけなあ」みたいな感じで。でもすごいおもしろいんですよね。どうしても気になるところは戻って見ればいい。それよりも、テンポや見る側の心地よさを重視している印象があって、「この世界観に入っていればそれでいいんだ」というのを感じました。こういうところも配信作品の違いなのかもしれませんね。

――配信がはじまり、さっそく『B: The Beginning』を見ている方もいると思うのですが、監督として「ここを見てほしい」、または「ここをポイントにするとさらに楽しめる」というところはありますか?

最後まで見てから1話を見るとすごく気持ち悪いと思うんですよね。大人がもっている汚さというか、そういうものが冒頭の会話ですごく出ていて……。すべてがわかった上で2人とも会話しているという感じ。1度目とは別の見方ができると思います。

物語のイメージとしては「黒」なんですけど、『B: The Beginning』は全てが「グレー」なんですよね。あらゆるキャラクターが全部「グレー」な中、リリィだけが一服の清涼剤として存在している……そういうところも見どころですね。

■作品概要
タイトル:Netflixオリジナルアニメ「B: The Beginning」(英題 B: The Beginning)
配信:3月2日(金)よりNetflixにて全世界同時配信中
エピソード:各話約23分/全12話

■スタッフ
原作:中澤一登×Production I.G
監督:中澤一登、山川吉樹
プロデューサー:黒木 類
シリーズ構成・脚本:石田勝也
キャラクターデザイン・総作画監督:中澤一登
美術デザイン:伊井 蔵
メカニックデザイン:常木志伸
プロップデザイン:津坂美織・冨田収子
色彩設計:境 成美
美術監督:田中孝典
3DCGディレクター:磯部兼士
撮影監督:荒井栄児
音響監督:長崎行男
音楽:池 頼広
編集:植松淳一
制作:Production I.G

■キャスト
キース・風間・フリック:平田広明
黒羽:梶 裕貴
星名リリィ:瀬戸麻沙美
エリック・トガ:東地宏樹
ボリス・マイアー:稲葉 実
吉永カエラ:小清水亜美
ブライアン・ブランドン:豊永利行
マリオ・ルイス・ズリータ:田中進太郎
ジャン・アンリ・リシャール:後藤 敦
ギルバート・ロス:森川智之
皆月:石川界人
ユナ:佐藤聡美
ライカ:喜多田 悠
イザナミ:斎賀みつき
カムイ:中井和哉
タケル:亀田望美
クエン:粟根まこと

(C)Kazuto Nakazawa / Production I.G
(公文哲)

関連記事(外部サイト)