TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』、第12話のあらすじ&先行場面カットを公開

TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』、第12話のあらすじ&先行場面カットを公開

画像提供:マイナビニュース

2018年1月から放送開始となったTVアニメ『宇宙(そら)よりも遠い場所』より、3月20日の放送予定となっている第12話「宇宙よりも遠い場所」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』、第12話のあらすじ&先行場面カット

■STAGE12 宇宙よりも遠い場所
母が南極から帰らなかったあのときからずっと醒めない夢の中にいる。その夢は南極に来ることで、母が愛したその場所に行くことで醒めると思っていた。でも南極にやってきた今も夢は醒めることなく続いている。もし母がいる場所に行ってもこの夢が醒めなかったら、そう考えると怖くてたまらない。母の元へと向かう最後の旅が始まる。日本から1万4千キロ。宇宙より遠いその場所へ。
(脚本:花田十輝、絵コンテ:いしづかあつこ/清水健一、演出:北川朋哉、作画監督:川口裕子)

○●『宇宙よりも遠い場所』STAGE12「宇宙よりも遠い場所」予告【WEB限定】

TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』は、AT-X、TOKYO MX、BS11、MBSにて放送中。各詳細は公式サイトにて。

(C)YORIMOI PARTNERS

関連記事(外部サイト)