アニメ『幼女戦記』10月より再放送決定 劇場版新作も制作“進攻中”

アニメ『幼女戦記』10月より再放送決定 劇場版新作も制作“進攻中”

劇場版アニメ『幼女戦記』キービジュアル第1弾(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

2017年1月から3月まで放送されたテレビアニメ『幼女戦記』が、10月よりTOKYO MXやMBSなどで再放送されることが26日に発表された。

 同作はカルロ・ゼン氏の同名小説が原作。合理的主義者のエリートサラリーマンの主人公が、同僚の逆恨みで命を落とし、死後の世界で、主人公の言動などに腹を立てた創造主により、幼女、ターニャ・デグレチャフとして別世界に転生させられる物語。そこは20世紀初頭のヨーロッパに似た世界で、戦争が行われており、ターニャは最前線で戦っていく。

 ターニャ役を悠木碧、ターニャの部下のヴィーシャ役を早見沙織が務めており、劇場版の新作アニメ制作も進行ならぬ“進攻”中だと明かされた。

■放送日時
TOKYO MX:10月9日から毎週火曜 深夜0時30分〜
MBS:10月9日から毎週火曜 深夜3時〜
BS11:10月10日から毎週水曜 深夜0時〜

関連記事(外部サイト)