実物大ガンダム立像、来春オープンのららぽーと福岡に設置 新スポット「ガンダムパーク福岡」も計画

実物大ガンダム立像、来春オープンのららぽーと福岡に設置 新スポット「ガンダムパーク福岡」も計画

実物大ガンダムを設置するららぽーと福岡のイメージ(C)創通・サンライズ

バンダイナムコグループは15日、オンラインで『第2回 ガンダムカンファレンス』を開催。来春オープンする三井ショッピングパーク・ららぽーと福岡に“新機体”の実物大ガンダム立像「RX-93ffνガンダム」を設置することを、発表した。

 今回の立像は、国内だけではなく世界でも人気のある1988年に公開された映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場した「RX-93νガンダム」をベースにした新機体「RX-93ffνガンダム」。ロングレンジ・フィン・ファンネルと、『機動戦士ガンダム』シリーズの総監督を務める富野由悠季氏監修のもと、トリコロールのマーキングが施されている。そのほか、ファンが楽しめる仕掛けも予定されているという。

 さらに、ららぽーと福岡にガンダムの世界を体感できる新スポット「ガンダムパーク福岡」の計画も明らかに。オープンスペースとガンダム要素を持つエンターテインメント施設が融合した複合空間として、今までにないガンダム最新スポットを目指す。いずれも、詳細は今後発表されていく。

 また、10月1日から来年3月31日まで開催されるドバイ国際博覧会日本館のPRアンバサダーをガンダムが務めることも、明らかに。PRアンバサダーとしてデザインされたガンダムをプラモデル化し、ドバイだけではなく世界の「THE GUNDAMBASE」などで販売される。ドバイ市内では同期間で「ガンプラショールームドバイ」という展示も実施し、博覧会を盛り上げていく。

関連記事(外部サイト)