山寺宏一&小林幸子、新作『ポケモン』映画でミュウ&ボイジャー役続投 1作目キャスト再現

山寺宏一&小林幸子、新作『ポケモン』映画でミュウ&ボイジャー役続投 1作目キャスト再現

アニメ映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』にゲスト声優出演する(左から)小林幸子、山寺宏一

声優の山寺宏一と歌手の小林幸子が、人気アニメ『ポケットモンスター』の映画シリーズ最新22作目『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(7月12日公開)にゲスト声優として出演することが決定。第1作『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(1998年)から21年ぶりに、幻のポケモン・ミュウ役を山寺、波止場を仕切る女性・ボイジャー役を小林が担当する。

 同作は、『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』を、ポケモン映画初となる全編フル3DCG映像として蘇らせたもの。人工的に作られたポケモン・ミュウツーが心に抱える「葛藤」、自分を生み出した人類への「逆襲」という、ファミリー向けとしては異例のテーマを掲げていたが、興行収入72.4億円と98年のランキング1位に輝くヒット作となった。

 また、ポケモン映画21作中において興行収入が同作を上回ったものはないという伝説的な作品で、世界中でも公開され全世界興行収入は約297.9億円。全米においては、日本映画興行収入歴代1位の記録を未だに保持している。

 そんな第1作でミュウ役を担当した山寺は「公開時は、おはスタの司会も担当していたので、映画の出演者としても、伝える立場としてもこの作品が社会現象となっているのを体感しました。今回はフル3DCG化されたことで、まさに原点であるけど新しいポケモンになる気がしていて…非常に楽しみです」と当時を回顧。

 「当時観たことがある人も、初めてみる子どもたちも、心に残る作品になると思いますし、そうなってほしいと願っています。まだあのミュウの声が出るか心配ですが、ハイトーンボイスで頑張ります!!」と意気込み。

 ボイジャー役の小林は「21年という時を経て、またこの『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』に参加できることを、とてもうれしく幸せに感じております。当時、たくさんの子どもたちが、大好きなポケモンと仲間たちの冒険に感動し、優しさや思いやりを育んだ作品です。あのころの子どもたち、そして今を生きている子どもたちに、さらに進化した伝説のポケモン映画をぜひ劇場で見てほしいです!!」と呼びかけた。

 また、小林は同作で、1作目に引き続き同じ曲のエンディング主題歌「風といっしょに」を担当することが決まっており、音楽プロデューサー・亀田誠治氏のアレンジのもと、タレントの中川翔子とコラボ歌唱する。

 なお、1作目でミュウツー役を務めた俳優の市村正親も今作で同役を担当、食道がんのため昨年8月13日に亡くなった声優の石塚運昇さんもナレーションで参加するなど、1作目当時のキャストがそのまま集結する。

 ゲスト声優第2弾の公開とともに最新予告映像も公開となり、映像では力を制御するためにアーマーを身につけたアーマードミュウツーやコピーされたポケモンたちの姿が初解禁。ミュウツーの野望を止めようと奮闘するサトシたちに、サトシのピカチュウの頬をコピーのピカチュウが泣きながら叩く名シーンも公開されている。

■『ポケモン』映画歴代タイトル(公開年)

1:ミュウツーの逆襲(1998年)
2:幻のポケモン ルギア爆誕(1999年)
3:結晶塔の帝王 ENTEI(2000年)
4:セレビィ 時を超えた遭遇(2001年)
5:水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年)
6:七夜の願い星 ジラーチ(2003年)
7:裂空の訪問者 デオキシス(2004年)
8:ミュウと波導の勇者 ルカリオ(2005年)
9:ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ(2006年)
10:ディアルガVSパルキアVSダークライ(2007年)
11:ギラティナと氷空の花束 シェイミ(2008年)
12:アルセウス 超克の時空へ(2009年)
13:幻影の覇者 ゾロアーク(2010年)
14:ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム(2011年)
15:キュレムVS聖剣士 ケルディオ(2012年)
16:神速のゲノセクト ミュウツー覚醒(2013年)
17:破壊の繭とディアンシー(2014年)
18:光輪の超魔神 フーパ(2015年)
19:ボルケニオンと機巧のマギアナ(2016年)
20:キミにきめた!(2017年)
21:みんなの物語(2018年)
22:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年)

(c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  
(c)Pokemon (c)2019 ピカチュウプロジェクト

関連記事(外部サイト)