瀬戸麻沙美、初の一日警察署長 アニメ『青ブタ』舞台の藤沢で交通安全宣言

瀬戸麻沙美、初の一日警察署長 アニメ『青ブタ』舞台の藤沢で交通安全宣言

藤沢警察署一日署長を務めた瀬戸麻沙美 (C)2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

声優の瀬戸麻沙美が21日、交通安全キャンペーンの一環として藤沢警察署一日署長を務めることになり、神奈川・テラスモール湘南そらかぜステージで行われた一日警察署長委嘱式に出席。警察官の服装に身を包んで交通安全を呼びかけた。

 これは、アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』が神奈川・藤沢を舞台にストーリーが展開されていることから、ヒロイン・桜島麻衣役を担当している瀬戸が一日警察署長を務める運びとなった。

 自身初の一日警察署長に瀬戸は「この制服を着させていただいてから、身が引き締まる思いで緊張していたんですが、皆さんの顔をみたら少し安心しました! 今回『青春ブタ野郎』シリーズに関わったことがきっかけでこのような貴重な機会をいただき、皆さんが交通安全について改めて意識してもらうきっかけになればなと思っております。」と呼びかけ。

 藤沢の魅力について聞かれると「藤沢市の劇場でも舞台あいさつをさせていただいたこともありますので今日は懐かしい気持ちになりました。個人的にも江ノ島が大好きで家族や友達とも来ますし、一人でドライブで遊びにくることもあるので、こうして藤沢警察署で一日警察署長をできるというのは、勝手にご縁を感じております」と笑いを誘った。

 また、一日警察署長としての初仕事として、付近を通行する人へ交通安全・交通事故防止・自転車マナー向上を呼び掛け、啓発物品の配布を実施。最後は交通安全宣言を読み上げ、一日警察署長としての職務をやり遂げた。

関連記事(外部サイト)