『君に届け』番外編のコミックス1巻、25日発売 “最終回のその後”の物語

『君に届け』番外編のコミックス1巻、25日発売 “最終回のその後”の物語

『君に届け 番外編〜運命の人〜』コミックス1巻(C)椎名軽穂/集英社

人気少女漫画『君に届け』(作者・椎名軽穂)の“最終回のその後”が描かれた新シリーズ『君に届け 番外編〜運命の人〜』コミックス第1巻が25日、発売される。

 『君に届け 番外編〜運命の人〜』は、『君に届け』本編の主人公・黒沼爽子と風早翔太から視点を変えたスピンオフ作品。爽子とともに札幌の大学に進学した、かつての恋敵であり、現在は親友の胡桃沢梅の恋模様が描かれている。

 『別冊マーガレット』2018年5月号(4月13日発売)に第1話が掲載され、現在も不定期で連載されている。また、2019年11月号(10月12日発売)では、表紙&巻頭カラーを飾り、コミックス1巻の続きとなる最新話を51ページのボリュームで掲載される。

 『君に届け』は、『別冊マーガレット』で2005〜17年まで連載された少女漫画で、09年と11年にはテレビアニメ化、10年には多部未華子と三浦春馬主演の実写映画が公開された人気作品。

関連記事(外部サイト)