『アクタージュ』夜凪景、JVCブランドアンバサダー就任 カラオケで「音痴だと笑われた」

『アクタージュ』夜凪景、JVCブランドアンバサダー就任 カラオケで「音痴だと笑われた」

夜凪景 (C)studio_daikokuten (C)TATSUYA MATSUKI.SHIRO USAZAKI/SHUEISHA

役者や演技を題材とした漫画『アクタージュ act-age』の主人公で女優の夜凪景(よなぎ・けい)が、期間限定でJVCブランドアンバサダーに起用された。2日発売の『週刊少年ジャンプ』1号では、完全ワイヤレスイヤホン「HA-LC50T」を着用した夜凪が描かれた広告が掲載されている。

 これは、漫画のキャラクターである夜凪を実在の女優であるかの様に扱い、企業とのキャンペーン実現やイベントなどを目指す「女優化プロジェクト」の一環で企画されたもの。今後、夜凪はJVCブランドアンバサダーWEBサイトにも登場し、本企画のコラボムービーがVeats Shibuyaビジョンで来年2月28日まで期間限定で公開される。

 今回の起用に夜凪は「最近、ミュージックビデオのお仕事がきっかけで外で音楽を聴くようになりました。この前、カラオケに行ったらみんなに音痴だと笑われたので、歌の練習もしています。おかげでいつミュージカルのお仕事をいただいても安心です。このイヤホン、色がたくさんあって迷いましたが、私は赤を選びました。かわいくて気に入っています」とコメントを寄せた。

関連記事(外部サイト)