『BEMANI』eスポーツ化、コナミが日本初“音楽ゲーム”のプロリーグ発足 6企業参加のチーム戦

『BEMANI』eスポーツ化、コナミが日本初“音楽ゲーム”のプロリーグ発足 6企業参加のチーム戦

音楽ゲームのeスポーツプロリーグ『BEMANI PRO LEAGUE』が発足 (C)ORICON NewS inc.

コナミアミューズメントが13日、アーケードゲーム業界を活性化するために日本初となる音楽ゲームのeスポーツプロリーグ『BEMANI PRO LEAGUE』(ビーマニ プロ リーグ)を発足させた。1997年に誕生しアミューズメント施設で親しまれた音楽ゲームシリーズ『BEMANI』の『beatmania IIDX(ビートマニア ツーディーエックス)』を使い、アミューズメント施設を運営する6社の企業(共和コーポレーション、マタハリーエンターテイメント、山崎屋、ラウンドワン、レジャラン、ワイ・ケーコーポレーション)がプロチームのオーナーとなってリーグ戦を競い合い、チームでの優勝を目指していく。賞金総額2000万円。

 初年度の『BEMANI PRO LEAGUE』は、2020年5月の開幕を予定しており、1チーム4人のプロ選手が所属。KONAMIが行うプロテスト(書類審査と実技・面接 日本在住者で20年4月時点で18歳以上が資格。1月よりエントリー開始)に合格し、ドラフト会議でチームに指名されたプレイヤーがチームと契約することでプロ選手となる。

 シーズンは「レギュラーシーズン」と、「レギュラーシーズン」の上位3チームが出場する「セミファイナル」、「セミファイナル」の上位2チームが参戦する「ファイナル」の3段階で構成されており、シーズン期間は開幕する5月から10月の約半年を1シーズンとする。

 試合会場は2020年1月オープンの「esports 銀座 studio」を予定しており、音楽とeスポーツを融合させた新たなエンターテインメントイベントで実施する。

 『beatmania IIDX』は、1999年に稼働を開始した『BEMANI』シリーズを代表する音楽ゲーム。7つの鍵盤と1つのターンテーブルをリズムにあわせて操作するDJシミュレーションゲームで、DJ体験を盛り上げる多種多様な収録楽曲と奥深いゲーム性が魅力で人気を博している。

 この日都内で行われた発表会では俳優の速水みこもちが出席。『BEMANI』シリーズのファンで青春時代にプレーしていたと明かし、『BEMANI PRO LEAGUE』で使用される新モデルの筐体がお披露目されデモンストレーションプレイを楽しんでいた。

関連記事(外部サイト)