水瀬いのり、変幻自在の芝居で「驚かせたい」 デビュー10周年、“自分らしさ”気張らず探求

水瀬いのり、変幻自在の芝居で「驚かせたい」 デビュー10周年、“自分らしさ”気張らず探求

アニメ「ソマリと森の神様」に出演する水瀬いのり (C)ORICON NewS inc.

数々の人気アニメに出演し、デビュー10周年を迎えた声優・水瀬いのり(24)。そんな彼女が現在TOKYO MXなどで放送中のTVアニメ『ソマリと森の神様』に主人公・ソマリ役として出演し、エンディング主題歌も担当する。2010年から声優活動をする中でアーティスト活動にも力を入れている彼女。声優業以外でも活躍していたが、「将来、私はどのように活動していくのか…」「マンネリ化することのない仕事だと実感しました」と芸能生活10年を振り返りながら、役者として“素”を貫く理由を語った。

■節目の年に向き合った“純粋さ”

 『ソマリと森の神様』は、異形の生物に支配され人間が絶滅の危機となっている世界を舞台に、森の神様・ゴーレムと人間の娘・ソマリが森で不思議な出会いを果たし、ソマリの両親を探す旅を始めるファンタジー。旅の中で深まる父娘の絆や幼いソマリの成長、感情がないはずのゴーレムが“親”になっていく姿が描かれる。

 数多くのファンタジー作品に出演している水瀬だが、今作は少し雰囲気が違うため役作りにも変化があったように思える。「過去に務めた作品は、少しコメディー要素が含まれていることが多かったのですが、今作はファンタジーの世界観に居つつも人間らしい無邪気な感情を表現することを意識しました」と説明し「外の世界を知らない少女ということは、見る世界がすべて新鮮なので、喜怒哀楽という感情を明確にしました」と感情表現はストレートにしたという。

 苦労する部分もあったそうで「周囲のキャラクターはソマリのことを保護者目線で見るのですが、その中で、ソマリの純粋さというのは、私たちが大人になるにつれて忘れかけてきた部分なので難しいアプローチでした」と明かし「大人になると言いたいことがあるけど、空気を読んで言えないことが多々あると思います。ですが、ソマリだとストレートに言う純粋さがある。感じたことをまっすぐに相手へぶつけるということに、私自身、『この感覚は忘れたくないな』とソマリから学ばせていただきました」とソマリとの出会いを通じ役者としてひとつ成長できたことに感謝した。

 今作では主演とともにED主題歌も担当している。「今年は声優デビュー10周年、アーティストデビュー5周年という節目の年となっています。大事な1年となる新年早々に主演、ED主題歌を務められることはとても光栄でうれしいことです。初心に帰るような気持ちで挑んだので、ファンの方々へどのように届けられるのかドキドキしています」と笑顔。

 しかし「声優としてキャラクターの声を務める時は、当たり前ですがキャラクターがメインですので、自身が目立ってはいけない。ですが、歌手としては“水瀬いのり”として表に出ている。今作は主演とED主題歌をやることもあり、作品で見た場合は、自身の存在が混在してしまいバランスが難しい部分でした」と苦悩も明かす。

 「新しいスタートという意味では、原点回帰ではないですが、忘れかけていたソマリのような“純粋さ”とリンクする部分があります。声優として最近、ちょっぴり個性的なキャラクターに挑戦する機会が多かったのですが、ソマリのようにここまで純粋に健気なキャラクターを務めることは久しぶりな気がします」と“純粋”に役と向き合ったと語った。

■駆け抜けた芸能生活10年はマンネリなし 目指すのは変幻自在の役者

 2010年にソニー・ミュージックアーティスツ主催のオーディションでグランプリを受賞し、声優デビューした水瀬。その後、数々の人気作品に出演し順調なキャリアを積み上げてきたが「デビューしたのが14歳で、当時の記憶は鮮明でありながらも断片的です。どのような毎日を過ごしていたのかを振り返ると、最初のうちはオーディションにすら呼んでいただけないこともあり『将来、私はどのように活動していくのか』と考えていました」とデビューして数年は将来に対して不安があったという。 「将来について考えることが2〜3年に続いたあとに、初めてレギュラー作品のお仕事をいただき、そこから歌手デビューなど活動の幅が広がったと実感しています。ですので、この10年はどの1年も同じような経験をした年はありませんでした。そして、マンネリ化することのない仕事だと実感しました」とこの10年を振り返った。

 10年間で仕事に対する意識も大きく変わったそうで「デビュー当時はがむしゃらでした。いただいた台本やVTRを見て毎日練習をしていたのですが、練習をし過ぎて本番で声が枯れてしまい失敗するなど…」と苦笑い。「今はキャリアを積み重ねたこともありますが、肩を抜いて気張らずに仕事に向き合えています。本番で周囲の人たちに迷惑をかけないようにベストなコンディション作りを意識するようになりました。周囲の期待やハードルに対して“自分らしさ”を残しながら超えていくことが役者としての目標なのですが、私は仕事ばかりが頭に入っているとその事ばかり考えてしまうタイプ(笑)。プライベートの時間を充実させることも大事だと思いました」と私生活を含めた充実感が大切だと語った。

 役者としては「何通りも出来る」を目指しつつ「『この人だからこそ、この味が出る』と演技に深みがある役者に憧れています。どの役でも“自分らしさ”を残しながらも、変幻している存在になりたい。例えばアニメのエンドロールで私の名前が流れた時、視聴者の方が『えっ!? この役は水瀬いのりがやっていたの?』と驚かせたい気持ちがあります。私の声はすごい特徴がある方ではないので、だからこそ色んな役を演じることができる声優として役の幅を伸ばしていくのが目標です」と力を込める。

 歌手デビューも5周年を迎えるが、声優と歌手の共通点として「声」がある。職業としては「別の存在として捉えています」と話し「私が声優を目指したころには歌もこなす“声優アーティスト”の存在が確立されていて、アニメでキャラクターの声を務める一面とライブ会場を熱狂させる2つの顔を持つ存在になっていました。私が声優と歌手の仕事をやる今、喜びは2倍なのですが、仕事を全うする責任感も2倍となり大変です」と語る。

 「どちらのクオリティーも保ちたいので、両立が一番難しいところです。『声優』と『歌手』それぞれ、仕事の比重を天秤にかけるようなものでもありませんので、すべての仕事に対して真摯に向き合わないといけないと実感しています」と声優&歌手の二刀流で活動していく重圧を伝えながら「ゆっくり、マイペース、でも人に迷惑をかけない」という自身が掲げているスローガンを伝えてくれた。

関連記事(外部サイト)