「“バカ負け”するネタガンダム」「未発売キットの具現化」ガンプラを発展させたモデラーの“妄想力”

「“バカ負け”するネタガンダム」「未発売キットの具現化」ガンプラを発展させたモデラーの“妄想力”

【上】猫マ式ジオラマ/制作:猫マシンガン【下】ガンダムアルテミスを“超遠近法”で立体化/制作:いべまに(C)創通・サンライズ

今年40周年を迎えた『ガンプラ』は、ガンダムの生みの親である富野由悠季監督に「影響力は“決定的”です。もはや、プラモデルというジャンルさえも『ガンプラ』という名前に切り替えさせてしまったくらい、強力な“事業”」と言わしめるほどの、世界に誇る日本カルチャーとなった。そして、その文化を支えているのは“自由な発想と妄想”で自身の世界観を具現化するガンプラモデラーたちだ。ここでは、“バカ負け”するネタガンプラでSNSをバズらせた猫マシンガン氏と、スマホゲーム『ガンダムブレイカーモバイル(以下、ガンブレ)』のアニメPVに触発され、未発売のガンダムアルテミスを制作した、いべまに氏の取り組みを紹介する。

■ジオラマを見た人に、MSたちの“心の声”を聞いてほしい(猫マシンガン)

 ガンダムがザクの排気ダクトを引きちぎろうとするジオラマの作品名は「猫マ式ジオラマ『このザク、伸びるぞ!』」。インパクトのあるネタジオラマを見たユーザーからは「ちょっと引いちゃってる感じのガンダムがよい」、「飛び出たザクIIのモノアイもポイント高い」とSNSで話題となった。

 制作者の猫マシンガン氏は、「排気ダクトを引きちぎれず、ガンダムの『キモッ!』という気持ちとザクIIの『嘘でしょ…!?』というMSの“心の声”を聞いてもらえるよう制作しました」と、当時の心境を振り返った。

 このアイデアが浮かんだ瞬間について聞くと、「仕事の忙しい時にフッと頭に浮かんだので、その日の夜から作業を始めました」とのこと。苦労した点は、「排気ダクトが引っ張られつつのけ反るザクIIの体勢と両者の表情ですね」といった風に、仕事場でこっそりポージングしてみたりと、構図に説得力を持たせることに苦心したことを明かした。

 ガンダムファンなら誰もが知る名シーンのアレンジ。当然反響も大きかったようだ。

 「叱られることも覚悟していましたが、反響は凄く良かったです。展示会でも『この作品を見に来ました!』と何人かに言ってもらえて、見に来た人たちにも笑ってもらえたので作って良かったと思います」

 本作に代表されるように、猫マシンガン氏の作品はこちらがバカ負けして思わず笑ってしまうユーモアさが特長。名シーンを笑いに昇華させるプレッシャーはあったのか聞くと、「プレッシャーは特に無いです」と即答した。無理に面白くするのではなく、自分が楽しく作れればそれで良いと思っていると強調する猫マシンガン氏。「私が所属する模型クラブの隊長さんが『自分の好きなように作れ』と普段から言ってくれていて、そんな風に“放し飼い”にしてもらっているので色々と助かっています。それにガンプラのネタ系作品を作った時に応援してくれた恩人(私の背中を押してくれた人)との約束があるので、それを忘れない為にもまだまだ作っていきます!」

■超遠近法は「だまし絵」の巨匠、マウリッツ・エッシャー氏の作品に起因(いべまに)

 40年余の歴史を持つガンダムシリーズにおいて、“ガンダムファン”となる入口はアニメだけでなく“ゲーム”の存在も大きくなっている。今回、未発売キット・ガンダムアルテミスの制作を行ったいべまに氏は、「YouTubeで『ガンブレ)』のPVを見て、ガンダムアルテミスが最後にするキメポーズが“超遠近法”で再現するのにピッタリの題材だと思った」と、ジオラマ制作の意図を教えてくれた。

 「PVを見たときはガンダムシリーズの新作か?とまんまと騙され、スマホゲームのPVと知って2度驚きました(笑)。しかも、ラストでガンダムアルテミスとCodeφが対峙するシーンは、モデラー魂を触発されるカッコ良さでした」

 いべまに氏は、本作でも実践されている超遠近法の技法で有名なのだが、本技法は、手前に見える部分にスケールの大きいパーツを用い、奥に見える部位ほど小さいスケールのパーツを組み合わせて制作。作品のイメージは、ずっと登っている階段が描かれた建物の絵などで有名な「だまし絵」の巨匠、マウリッツ・エッシャー氏の作品に起因するところがある、と教えてくれた。

 ガンダムアルテミスとCodeφを再現してみて気に入っている点については、「ガンダムアルテミスのポージングや描かれ方がとても『バリっている』ので、多分アニメーターの大張(正己)さんが携わっていらっしゃるんじゃないかと思いました。大張さんの描かれるポーズは超遠近法と相性が良いと勝手に思っています(後にTwitterで大張さんがPVの監督をなさっていることを知りました(笑))」

 難しかった部分、こだわった部分については、PVのラストシーンになっているガンダムアルテミスが宇宙空間に浮かんでいる感じをどう出していくか、Codeφの強大で妖しい雰囲気をどう出すかに悩んだそう。その解決法として、「アルテミスの浮遊感は、支持棒やスタンドを使わずに、サテライトキャノン端部を直に背景台座に固定することで表現。Codeφの妖しさは、あえて上半身だけを背景に配し、妖炎をイメージした綿で、それぞれ表現できたのではないかと思っています」と、満足のいったものになったと語った。

 まさに、いべまに氏の“代名詞”とも言える超遠近法だが、その独自のテクニックについてもコメントをもらった。

 「超遠近法の技法は特に難しい独自のテクニックなどは必要としません。2D(平面)で見たままの大きさに見合うパーツを見繕ってミキシングし、3D化(立体化)しているだけです。これが正解というものはありませんし、あえてバランスを崩したりもしています。“カッコよく見えれば何でもあり”なのが超遠近法作品の面白さであり、「ガンプラは自由だ!」の1つのカタチだと思います」

(C)創通・サンライズ

関連記事(外部サイト)