『鬼滅の刃』、最新20巻が1位、2位独占 歴代3位の「コミックシリーズ別売上」6000万部を突破【オリコンランキング】

『鬼滅の刃』、最新20巻が1位、2位独占 歴代3位の「コミックシリーズ別売上」6000万部を突破【オリコンランキング】

吾峠呼世晴『鬼滅の刃 20』 (集英社/5月13日発売)(C)吾峠呼世晴/集英社

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』(集英社)最新20巻が、週間108.6万部を売り上げ、5月22日発表の「オリコン週間コミックランキング」で1位を獲得。また同巻の特装版も週間90.4万部を売り上げ2位に初登場し、1位2位を独占した。さらに、3/30付で歴代3位となった「コミックシリーズ別売上」は、今週付で6002.7万部となり、史上3作目のコミックシリーズ別売上6000万部超えも記録した。

 『鬼滅の刃』は、人喰い鬼の棲む世界を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と鬼との戦いを描くダークファンタジー。昨年のTVアニメ化をきっかけに人気が急上昇。今年に入ってからは、社会現象になるほど人気が過熱し、週間コミックランキングでも次々と歴代記録を達成している。

 また今週のBOOKランキングでも、『鬼滅の刃』のノベライズ作品第1弾『鬼滅の刃 しあわせの花』、第2弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』が、通算2度目の1位2位独占を記録。人気の高さがうかがえる結果となった。

 なお『鬼滅の刃』は、今週5月18日発売の『週刊少年ジャンプ』24号で最終回を迎えている。

※「オリコン週間"本”ランキング」は、「2008/4/7付」よりスタート
<クレジット:オリコン調べ(5/25付:集計期間:5月11日〜5月17日)>

関連記事(外部サイト)