『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

新作Netflixオリジナルアニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』のティザービジュアル (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

大人気サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』の新作オリジナルアニメが制作されることが決定し、Netflixにて2021年に全世界独占配信されることが27日、発表された。フル3DCGアニメーションで、シリーズ初の連続CGドラマとして制作。タイトルは『BIOHAZARD:Infinite Darkness』(※読み『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)に決定した。

 1996年にPlayStationでゲーム第1作が発売され、来年25周年を迎える『バイオハザード』シリーズ。2017年公開のCG映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』から3年、さらなる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出すことになった。

 今回の製作・原作監修には、数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースには、トムス・エンタテインメント、『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当する。

 ストーリーは、人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション。ダイナミックなアクションシーンに、サスペンス要素も加わった誰も見たことのない『バイオハザード』の世界を描く。

 公開されたティザービジュアルは、数々の死線をくぐり抜けてきたレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドが血染めの壁を背に、新たな脅威に立ち向かう静かな決意の姿が描かれている。また、ティザーPVでは、闇夜に佇む廃屋に足を踏み入れ“なにか”を発見してしまうクレアや、暗闇で“誰か”を助けるレオンの雄姿を見ることができる。

 『バイオハザード』は、1996年に1作目がPlayStationで発売され、絶望的な状況から、武器やアイテムを駆使し生還していくという“恐怖”をゲームで再現し、「サバイバルホラー」という新しいゲームジャンルを開拓した名作。家庭用ゲーム機や携帯アプリなどで140作品以上もの商品展開がされているカプコンの人気コンテンツで、世界中で多くのファンから支持され、販売累計本数は全世界で1億本を超え。2021年には発売25周年を迎え、ゲーム最新作『バイオハザード ヴィレッジ』の発売が控えている。

関連記事(外部サイト)