『呪術廻戦』ミニアニメ今後も放送 作者の描き下ろしネームをアニメ化

『呪術廻戦』ミニアニメ今後も放送 作者の描き下ろしネームをアニメ化

「アニメじゅじゅさんぽ」場面カット(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

MBS/TBSの“スーパーアニメイズム”枠にて放送中のアニメ『呪術廻戦』の第3話が、16日深夜に放送され、EDムービー後に突如放送された『アニメじゅじゅさんぽ』の情報が解禁となった。

 アニメ『じゅじゅさんぽ』は、原作者・芥見下々氏がこのために描き下ろしたネームを、アニメ本編と同じく制作スタジオのMAPPAが映像化したミニアニメ。アニメ本編では描かれない、各キャラクターのちょっとした日常をお届けする内容になっている。なお、23日放送の第4話以降もEDムービー後に放送される。

 また、芥見下々氏による『アニメじゅじゅさんぽ』の描き下ろしのネームが、小冊子となって来年1月20日発売となる『呪術廻戦』Blu-ray&DVD第1巻に初回生産限定特典として封入されることも決定した。

 同作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画が原作で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。シリーズ累計発行部数は850万部を突破している。

関連記事(外部サイト)