CLAMP初期の名作『東京BABYLON』来年TVアニメ化 30年の時を経て…ティザービジュアル&PV公開

CLAMPの伝説的作品『東京BABYLON』が21年にTVアニメ化 ティザービジュアルを公開

記事まとめ

  • CLAMPの伝説的作品『東京BABYLON』が『東京BABYLON 2021』というタイトルでアニメ化
  • 制作は劇場版「マルドゥック・スクランブル」シリーズなどを手掛けたGoHandsが担当
  • ティザービジュアルと第1弾PVも公開、キャストなどは追って発表される

CLAMP初期の名作『東京BABYLON』来年TVアニメ化 30年の時を経て…ティザービジュアル&PV公開

CLAMP初期の名作『東京BABYLON』来年TVアニメ化 30年の時を経て…ティザービジュアル&PV公開

「東京BABYLON 2021」2021年TVアニメ化 (C)CLAMP・ST/TOKYO BABYLON 2021 PROJECT

漫画家集団・CLAMPの伝説的作品『東京BABYLON』が、2021年にテレビアニメ化されることが決定した。あわせて、ティザービジュアルと第1弾PVも公開された。

 テレビアニメのタイトルは『東京BABYLON 2021』で、アニメーション制作は、劇場版「マルドゥック・スクランブル」シリーズ、「K」シリーズや新作「プレイタの傷」など、オリジナルアニメーションでも高い評価を得るGoHandsが担当する。

 原作の『東京BABYLON』は、新書館の『サウス』『月刊ウィングス』にて1990年〜1993年にかけて連載されたCLAMP初期の傑作とも称される漫画作品。陰陽師としてさまざまな霊的事件を解決していく主人公・皇昴流(すめらぎすばる)と双子の姉・北都(ほくと)、さらに謎多き人物・桜塚星史郎(さくらづかせいしろう)と、魅力的なキャラクターたちが紡ぐ人間模様、世相を映した社会派ドラマとなっている。

 30年の時を経て制作される今回のTVアニメでは、“2021年の東京”を舞台にストーリーが展開し、令和の時代に描かれる物語を表現する。

 ティザービジュアルは、東京の夜景を背に陰陽師装束に身を包んだ昴流が舞う姿が描かれており、PVは早くもアニメーション映像の一部を見ることができる。キャストやスタッフ情報は追って発表される。

関連記事(外部サイト)