『ハイキュー!!』初の大判画集12・24発売 全400ページでイラストやルポ漫画など収録

『ハイキュー!!』初の大判画集12・24発売 全400ページでイラストやルポ漫画など収録

『ハイキュー!!』初の大判画集の描きおろしカバーイラスト(C)古舘春一/集英社

人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』初の大判画集が、12月24日に発売されることが決定した。タイトルは、『ハイキュー!! Complete Illustration Book 終わりと始まり』で、全400ページ中、フルカラー368ページのボリュームとなっている。価格は4300円(税別)。

 2012年2月から20年7月まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載していた同作は、高校バレーが題材。宮城県を舞台に県立烏野高校バレーボール部に所属する主人公・日向翔陽が、かつての同バレーボール部の大エース「小さな巨人」を目指し、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターの影山飛雄ら仲間とともに切磋琢磨して、成長する姿を描いた物語。コミックス累計発行部数は4000万部を突破している。

 大判画集では、8年半の連載で同誌やコミックス用に描き下ろされた数々のカラーイラスト原稿が完全収録。カバーのほか同画集だけの描き下ろしイラスト、ブラジルに取材に行った時のエピソードの描き下ろしフルカラールポ漫画などが収録される。

 また今回、作者・古舘春一氏が、イラスト集のために描き下ろしたカバーイラストの表紙と、裏表紙のイラストが公開。『週刊少年ジャンプ』公式サイトでは、収録するイラストのリストを公開している。

関連記事(外部サイト)