映画『銀魂』公開 杉田智和が感慨「集大成が込められています」

映画『銀魂』公開 杉田智和が感慨「集大成が込められています」

『銀魂 THE FINAL』公開記念舞台あいさつ(前列左から)石田彰、阪口大助、杉田智和、釘宮理恵、高橋美佳子、(後列左から)エリザベス、立木文彦、千葉進歩、中井和哉、鈴村健一 (C)ORICON NewS inc.

人気アニメ『銀魂』のラストを飾る劇場版『銀魂 THE FINAL』の公開記念舞台あいさつが9日、都内で行われ、声優の杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、高橋美佳子、千葉進歩、中井和哉、鈴村健一、石田彰、立木文彦、宮脇千鶴監督が出席した。

 同作は、地球滅亡のカウントダウンが迫る中、銀時、高杉、桂が、虚の野望を阻止するために奮闘。そして、師匠・松陽の悲願を胸に戦い続ける銀時たちを援護するため、新八、神楽、真選組たちまでもが参戦し、彼らの“最後”のバカ騒ぎが描かれる。

 晴れやかな衣装に身を包み、新年のあいさつを口にしたキャスト陣。無事に封切りを迎え、主人公・銀時を演じた杉田は「10数年やってきた集大成が込められています。初期から掛かっていた曲を映画用にアレンジしたり、外の背景の一つをとっても脈々と受け継がれている。CG担当の方からのコメントで『継ぎ足してきた秘伝のタレみたいになってます』と。僕らの芝居もそれになってるとうれしい」としみじみ語った。

 神楽を演じた釘宮も「見てる最中に曲とアクションがマッチして展開が進んでいくところに胸にグッときました。これはずっと応援してくださった皆さまは高まってしまうなと。ブワーッとなりました!」と笑顔でアピール。

 新八役の阪口は「今回、僕がグッときたのはエンディング。過去のテレビシリーズのエンディングが部分部分が入ってるのがうれしかったですね」と見どころを紹介しつつ「もう少し寂しくなるのかなと思ったけど、今のところは平気。もう数ヶ月したら寂しくなるのかな」と素直な胸の内を明かしていた。

関連記事(外部サイト)