「誰かの耳元に“喘ぎ声”をお届けしてしまうのでは」……iPhone7イヤホンジャック廃止に腐女子から不安の声!?

「誰かの耳元に“喘ぎ声”をお届けしてしまうのでは」……iPhone7イヤホンジャック廃止に腐女子から不安の声!?

Apple公式サイトより。

 9月7日(日本時間8日)、Appleが新型iPhoneとなる「iPhone 7」を発表したのだが、その仕様について、なぜか日本の腐女子たちが動揺しているという。

 発表前から噂されていたが、今回のiPhone7から防水・防塵機能が搭載され、イヤホンジャックが廃止されることになった。イヤホンジャック廃止に伴い、ワイヤレスイヤホン「AirPods」も発表されている。

 そんなiPhone7の仕様について、腐女子は何に不安を抱いているのだろうか。

「イヤホンジャックが廃止され、ワイヤレスイヤホンが導入されたことで、一部の腐女子の間で『もし電車などでBLドラマCDを聞いていた場合、ほかのiPhoneと混線して、誰かの耳元に男の“喘ぎ声”をお届けしてしまうことになるのでは』という不安の声が上がっています」(腐女子)

 腐女子の中には、公衆の面前でこっそりBLドラマCDを聞く猛者もいるようなので、こういった動揺が広がっているようだ。

 たしかに、カセットテープ時代に販売されたワイヤレスウォークマンでは、混線が発生していた。しかし、近年発売されているBluetoothイヤホンは、デバイス同士をペアリングする必要があるため、誰かの機器と混線してしまうようなことは理論上はありえない。今回のAirPodsはケースから取り出し、iPhoneの画面に表示される接続ボタンをタップするだけで接続が完了するという。そのお手軽さも不安を抱く要素になってしまっているようにも感じるが……。

 ただ、AirPodsは別売りで、iPhone7はイヤホンジャックこそ廃止されたものの、Lightning端子に差し込む変換アダプタが付属されるので、有線のイヤホンはまだ使うことができる。

 余計な心配をせずにBLドラマCDの喘ぎ声や息遣いをばっちり聞き取りたいのであれば、音質重視も兼ねて有線のイヤホンを使ったほうが良いのかもしれない?

関連記事(外部サイト)