マリオがiOS向けアプリに!“片手で遊ぶ、新しいマリオ”『スーパーマリオラン』12月配信へ【ざっくりゲームニュース】

マリオがiOS向けアプリに!“片手で遊ぶ、新しいマリオ”『スーパーマリオラン』12月配信へ【ざっくりゲームニュース】

『スーパーマリオラン』公式サイトより。

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 任天堂株式会社は8日、Apple社が開催した新製品発表会にて、iOS向けに『スーパーマリオラン』をリリースすると発表した。発表会では、『マリオ』シリーズの生みの親であり、任天堂の代表取締役などを務める宮本茂がサプライズで登壇し、本作の紹介を行った。発表によると、本作はタップ操作で多彩なアクションが楽しめるアクションゲームで、走り続けるマリオを操作し、コインを集めながらゴールを目指すのに加えて、他のプレイヤーと競うモード、プレイ結果によって自分だけの王国を作るモードなども存在するという。気になるビジネスモデルだが、基本的に無料でプレイできるものの、全ての要素を楽しむには一定額の課金が必要となる。リリースは今年12月を予定しており、公式サイトで登録すれば配信日に通知が受け取れるとのことだ。

 今回の『スーパーマリオラン』の発表は日本国内のユーザーにも大きな衝撃を与えたようで、「任天堂の絶対エースが部分的にとはいえ他ハードに進出したというのは歴史的事件」と驚きを隠せない呟きもTwitter上で見受けられた。なお、ニュースリリースには、Apple社のCEOであるティム・クック氏や宮本氏のコメントに加えて、『ファイアーエムブレム』および『どうぶつの森』のスマホ向けゲームアプリの続報も掲載されているので、詳細が気になる人は目を通しておこう。

 次に株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、アメリカのニューヨークで開催した販売戦略発表会「PlayStation Meeting 2016」にて、「プレイステーション 4 Pro」(以下、PS4 Pro)および新型の「PS4」を発表。プレスリリースによると、「PS4 Pro」は映像処理能力の向上や4Kクオリティの画質に対応した高機能型で、新型「PS4」は小型化・軽量化したうえに消費電力も抑えられているとのこと。価格は「PS4 Pro」が44,980円(+税)、新型「PS4」は500GBモデルが29,980円(+税)で、1TBモデルは34,980円(+税)となっている。

 従来のPS4と価格を比較すると、前者は値上げを約5000円程度に抑えているほか、後者は500GBモデルで約1万円、1TBモデルで約5000円の値下げを実現。この絶妙な価格設定に、Twitter上では驚くユーザーが続出した。発売日は「PS4 Pro」が11月10日、「新型PS4」は来週15日を予定。新型「PS4」とセットで販売される『ペルソナ5』をはじめ、『FINAL FANTASY XV』や『人喰いの大鷲トリコ』など、今年はビッグタイトルが続々と控えており、
PS4本体の購入や買い替えには絶好のチャンスだが、「PS4 Pro」と新型「PS4」のどちらを買うかで大いに悩みそうだ。

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下より
・『スーパーマリオラン』ニュースリリース
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/160908.html
・『スーパーマリオラン』公式サイト
http://supermariorun.com/ja/index.html
・「プレイステーション 4 Pro」プレスリリース
http://www.sie.com/corporate/release/2016/160908c.html
・「新型PS4」プレスリリース
http://www.sie.com/corporate/release/2016/160908b.html

関連記事(外部サイト)