「なんともいえない感動が…」 『ひとりぼっち惑星』に続く癒し系放置ゲーム『みどりのほしぼし』登場!

「なんともいえない感動が…」 『ひとりぼっち惑星』に続く癒し系放置ゲーム『みどりのほしぼし』登場!

『みどりのほしぼし』公式サイトより。

――日夜膨大な量がリリースされるアプリゲーム関連情報。注目情報から世間の反応までを概観します。(週2回更新予定)

■『みどりのほしぼし』
 OBOKAIDEMが9月1日よりiOS/Androidにて癒し系シューティングゲーム『みどりのほしぼし』を配信開始した。大好評だった前作『みどりのほし』からさらにパワーアップを果たした同作は「ドットが素敵で世界観も好き!」「眺めてるだけでも、癒される〜」「すごく素敵なゲームでした」とすでに大好評のようだ。

 同作は荒れ果てた惑星たちを緑化させていく放置・育成系シューティングゲーム。前作『みどりのほし』はとある惑星の緑を蘇らせていくというものだったのだが、今作では様々な惑星を巡りながら惑星たちを緑化させていく。

「ほしぼし」に「みどり」を。「ひとびと」に「いやし」を。宇宙ニュースで特集されて以来、新しいライフスタイルとして注目されている「緑化生活」。広い宇宙を「ほし」から「ほし」へ、緑化の旅を続けていく。「ほしぼし」を緑化することで、自分の心も緑化する。そんな「いやし」の生活が「緑化生活」。「GROW」が全面的にバックアップすることで、あなたも快適な「緑化生活」を楽しむことができる――。

 なんとも不思議な世界観を持つ『みどりのほしぼし』。ゲームをプレイする人は、4つのステップで惑星を緑化していくことになる。ステップ1はリユース砲で彗星を分解。彗星を分解すると、アイテムが「ほし」に散らばっていく。そしてステップ2で「ほし」に散らばったアイテムを回収すると、エネルギーリソースに変換される。ステップ3では“グリーナー”を使って「ほし」に緑化エネルギーを注入。最後がステップ4で、緑化エネルギーが「ほし」に浸透して「みどり」が育っていく。

 やることは彗星をタップして破壊する、アイテムをドラッグして回収する、緑化エネルギーを注入するために長押しする、という3つだけ。あとは惑星に「みどり」が育っていくのをじっと眺めているだけなのだが、徐々に「みどり」が増えていく様子に「まったり遊べていい感じ」「最後に花が咲いた時の感動がなんともいえない…」「癒されすぎてこればっかやってるダメ人間になっちゃう」と癒されている人が続出中。

 シンプルながらもどこか心に響く同ゲームに「ひとりぼっち惑星のような面白さがある」「放置系、癒し系のゲームが最近豊作だな…」と大人気になった『ひとりぼっち惑星』(記事参照)を思い出す人も。しかも同作は、Google Play Storeでは平均4.6点という最高レベルの高評価(9月8日現在)。これも『ひとりぼっち惑星』と同じ評価ということを考えると、次なる癒し系ゲームの大ヒット作になる可能性は十分にあるだろう。

 エレクトロニカ風のBGMと、綺麗で味のあるドット絵の組み合わせには「こういうドット絵大好き」「キャラクターもドット絵なのに表情豊かでかわいい!」「ドットから音楽の隅々まで丁寧で本当にツボついてくるなぁ」との声も上がっている同作。日本語だけでなく英語、フランス語、ドイツ語など10言語に対応し、140カ国に配信されて海外でも大ヒットしているようだ。

 また、大人気YouTuberで舞台俳優としても活躍する瀬戸弘司がゲーム実況動画を配信。それを見てゲームを始めたという人も多いよう。さらには人間だけでなく、惑星ログーダ在住の158歳メポポイカさんや、モャック星在住の37歳モゾダ・モイコさんなどもゲームをプレイして癒されているとのこと。世界だけでなく宇宙を巻き込んで癒しを与えている『みどりのほしぼし』に、あなたも癒されてみてはどうだろうか。

関連記事(外部サイト)