VRで可愛い女の子イチャイチャし放題!?「東京ゲームショウ」の“VR×可愛い女の子”系ゲームざっくり速報!

VRで可愛い女の子イチャイチャし放題!?「東京ゲームショウ」の“VR×可愛い女の子”系ゲームざっくり速報!

会場のあちこちで見た『オルタナティブガールズ』の看板

 9月15日、いよいよ開催となった「東京ゲームショウ2016」(幕張メッセ/パブリックデーは17、18日)。多種多様なゲームの展示や試遊に喜びの声があがる一方で、大した情報の更新がなかったり、いざ展示されたゲームのPVなどがイマイチだったりゲームを原作とした映画化が発表されたりして悲鳴が上がったりと、とにかくさすがの盛り上がり。

 そんな今年の「東京ゲームショウ」で目立ったのは、新しく「VRコーナー」が設けられるほど、VR関連の新作ゲームや機器を紹介するブースが多いこと。特に「PlayStationVR」(以下「PSVR」)の発売を控えるソニー系は、新作ゲームを紹介する「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」のブースに加えて、「VRコーナー」内の「VR体験ゾーン」にもPSVRを投入(このブースではオキュラスも設置されていたが)する張り切りぶり。

「東京ゲームショウ」全体だと、VR関連のタイトルや機器は100タイトルを超えているとか。そして、その中にはもちろん「VRはいいけど、『サマーレッスン』しかないじゃねえか! 俺はVRで可愛い女の子とイチャイチャしたいのに!」という、ユーザーからの嘆きに応えてくれそうなゲームも多かったので、“VR×可愛い女の子”系のゲームで印象的だったブースをざっくり紹介してみたい。

 まずは今年7月に制作が発表されたPS VR専用VRアイドルライブ『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』。滑らかで可愛く、本当にライブ会場にいるかのような没入感を味わえるぞ。デカいモニターも設置、新曲・新コスチュームでの歌唱&ダンスシーンもお披露目されていただけに、試遊コーナーだけでなく周辺一帯もビジネスデーとは思えない混み合いぶり。出向いた際は立ち止まらないように注意しよう。

 続いて、開催とあわせてVRコンテンツの制作が発表された『ブレイブウィッチーズ VR(仮)』。「東京ゲームショウ」で早くもデモプレイが楽しめるが、「角川ゲームス」ブースやアプリゲームを配信中の「DMM GAMES」ブースではなく、「Production I.G」ブースに設置されている。「Production I.G」では、昨年公開された『攻殻機動隊 新劇場版』のVR映像コンテンツなども用意されている。TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』の制作は SILVER LINK.なのに、なぜProduction I.Gブースで? と思ったが、Production I.G はVRコンテンツ制作のみを行っているとのこと。

 PS VRだけでなく、スマホ向けVRゲームも散見された。株式会社サイバーエージェントが配信中の『オルタナティブガールズ』は、「オルタナティブガールズブース(一般展示)」、「オルタナティブガールズブース(VRコーナー)」、「電撃オンラインブース」、「ゲームの電撃ブース」、「ファミ通ブース」と、計5カ所で展開。このうち「オルタナティブガールズブース(VRコーナー)」ではHTC社の本格VR 『Vive』を使用した体験会を実施中。

 またTwitterなどSNS上、ネット上で話題となっているのがビジネスソリューションコーナーにある有限会社「エムツー」のブース。2Dイラストを立体的に動かす技術「E-mote」VR技術デモとして、PS Vita用ソフト『プラスティック・メモリーズ』のヒロイン・アイラに触れるというデモンストレーションを展示しているのだが、そこにマネキンを設置するというファンインプレーを披露。2Dキャラを立体化、目の前にいるような感覚を味わえるうえ、胸や髪を触ったらキャラが恥ずかしがったりと多様なリアクションをしてくれるという素晴らしい展示なのだが、残念なことにビジネスデー2日間のみの出展のようだ。

 なお、「DMM GAMES」ブース内の『DMM GAMES VR×刀剣乱舞』の試遊コーナーでは会場内屈指の列を形成されたほか、乙女向けゲームで知られる「ボルテージ」ブースでは、人気アプリ『スイートルームで悪戯なキス」の世界を360度、堪能できる「椅子ドンVR」を設置。会場早々60〜70分待ちと人気を博すなど、男性向けに比べればタイトル数はやや少ない印象だが、女性向けVRタイトルもそれなりに充実。

 PSVRやオキュラスなど機器がないと、画像や動画を見たとしても、なかなかその魅力や迫力が伝わらないVRゲーム。時間が許すのなら、ソニー系が張り切ってPSVRをたくさん貸し出していることだし、「東京ゲームショウ」で体験してみてはどうだろうか。

関連記事(外部サイト)