ゲームで大腸がんを早期発見!「TGS 2016」で注目の『うんコレ』がTwitterで話題沸騰!!【ざっくりゲームニュース】

ゲームで大腸がんを早期発見!「TGS 2016」で注目の『うんコレ』がTwitterで話題沸騰!!【ざっくりゲームニュース】

『うんコレ』オフィシャルページより。

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 今日は日本うんこ学会が開発中のスマホ向けゲームアプリ、『うんコレ』がTwitter上で話題になっているというニュースから。日本うんこ学会といえば、大腸がん検診の普及を中心に活動している団体で、本作の開発も活動の一環となっている。以前から注目を集めていた本作だが、先週の「東京ゲームショウ2016」で掲示していた広告がTwitter上で拡散されたことで、爆発的に話題となったようだ。特に、“課金の代わりに「うんこ報告」”という広告のフレーズや、「ウントピア」「聖母カンベンヌ様」といった本作の用語のインパクトがいちいち強すぎるためのか、Twitterではすっかりパワーワードとして広まりつつあり、驚きや困惑を示す声に混じってネタツイートも続々と投下されている。また一方で、本作が生み出された背景に大腸がん検診の普及があることを知り、真摯な取り組みを応援する声も見られた。これだけ大きな反響を得られれば、「東京ゲームショウ2016」への出展は大成功といえよう。

 次に株式会社アクワイアは今週21日、PS4およびPS Vita向けアクションRPG『AKIBA'S BEAT』の発売日について、続報を発表した。本作は『AKIBA'S』シリーズの最新作で、これまでの『AKIBA'S TRIP』シリーズとは異なり、同社初のアクションRPGとして新生した完全新作となっている。開発には、同社が誇るディレクターの高野康太とキャラクターデザイナーのUCMMの両名が参加しており、『ディバインゲート』で知られる名タッグが再び実現。しかも、『<物語>シリーズ』や『魔法少女まどか☆マギカ』など数々の人気アニメの主題歌を担当した、2人組ユニットのClariSがメインテーマソングを歌うとのこと。公式サイトによると、PS4版は12月15日にリリース決定したものの、PS Vita版は今冬の発売予定から、発売未定に変更されるという。PS4版の発売日が明確に決まったのは嬉しいところだが、反対にPS Vita版が発売延期となってしまったのは、非常に残念だ。

 最後は株式会社スクウェア・エニックスが、PC版『乖離性ミリオンアーサー』の事前登録を開始したというニュース。特設ページによると、登録を行うと課金アイテムであるクリスタルが50個、騎士(ユニット)の入手やアバターの交換に使用可能な騎士メダルが150枚プレゼントされるとのこと。またWチャンスとして、事前登録を行ったユーザーの中から抽選で合計1000名に、クリスタルやグッズがプレゼントされるという。他にも、Twitterを利用したリツイートキャンペーンに参加すれば、抽選で10名に好きな「聖杯祭限定騎士」が1枚貰えるようだ。本作はスマホ版とも連携可能であるため、すでにプレイ中のユーザーも事前登録やキャンペーンに参加してみよう!

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下より
・『うんコレ』オフィシャルページ
http://unkore.jp/
・『AKIBA'S BEAT』公式サイト
http://akibas.jp/
・PC版『乖離性ミリオンアーサー』事前登録ページ
http://portal.million-arthurs.com/kairi/pc/

関連記事(外部サイト)