「家族が見てる前では観れないかも…」!? 小林ゆうが松岡禎丞や島ア信長にやりたい放題で、腐女子のハートをがっちりキャッチ!

「家族が見てる前では観れないかも…」!? 小林ゆうが松岡禎丞や島ア信長にやりたい放題で、腐女子のハートをがっちりキャッチ!

TVアニメ『私がモテてどうすんだ』公式サイトより。

 夏アニメも最終回ラッシュを迎え、そろそろ10月放送開始となるアニメのタイトルも気になる時期。そんな秋アニメの1作で、ポッチャリしていた腐女子な女子高校生がひょんなことから痩せて美少女に変身し、イケメンたちが周囲に集まってきてドタバタを巻き起こしていく、TVアニメ『私がモテてどうすんだ』(TBS系)の第一話先行上映会が19日に開催された。

 主人公・芹沼花依を演じた小林ゆうを始め、小野友樹、河本啓佑、松岡禎丞、島崎信長ら豪華キャストが登壇したのだが、このイベントが会場に集まった女性客におおいに受ける展開となったとか。イベントに参加した20代女性がその様子をこう語る。

「1話で、小林さんはポッチャリ時代の花依ちゃんと美少女になってからの花依ちゃんの声、両方を演じていらっしゃったんですけど、うまく演じ分けて、いつも通り熱演されていました。本当にギャップがすごくて、演技に対して笑い声もよく上がっていました。隣はイベント前に、男性キャスト同士の絡みを期待していると会話を交わしていた、腐女子オーラを発していた2人組も、花依ちゃんが男性同士の絡みを妄想しているシーンに、声をあげて笑っていましたから。会場では、拍手も沸き起こるほどで、帰り際には『家族が見てる前では観れないかも(苦笑)』と、言いながら歩いてました。この上映中の盛り上がりを小林さんはこの光景を裏側で見ていたらしくて、『このリアルなところを見せて頂いたので糧に頑張りたいと思います』と、さらに意気込んでいました」

 小林というと、モデルのような端正なルックスに反比例するかのように、ぶっ飛んだ絵や言動などでも話題に上がるが、このイベントでもその性格が遺憾なく発揮されていたそうで……。

「小林さんが男性キャスト4人を促して、胸キュンセリフをイケボで言わせたり、4人を巻き込んで『頑張るんだ!おー!!』と声を上げたり、普段はなかなか見ることがないアクションが多かったです(笑)。それと、松岡さんが17日に誕生日だったので、サプライズバースデーでタワーになったハンバーグが運びこまれていたんですけど、島アさんが松岡さんに『あーん』で食べさせ、場内は黄色い悲鳴が飛び交っていたんです、小林さんも『超ヤバイっす!』と、一緒に興奮。会場をさらに盛り上げてました」(前出の20代女性)

 本編スタートに向けて弾みになりそうなほど盛況だったようだが、「キャストさんたちが、第1話のアフレコのときにはすでに絵と色がほぼついていた状態のものだったと話されていましたよ」(前出の20代女性)と、制作も順調な様子。一般にも腐女子にもバランスよく受けそうな反応だったようだが、秋アニメでどれだけの人気を獲得できるのか、見守りたいところだ。

関連記事(外部サイト)