「フェティシズムの暴力」三人称APG『Haydee』の主人公に悩殺される人が続出!?【ざっくりゲームニュース】

「フェティシズムの暴力」三人称APG『Haydee』の主人公に悩殺される人が続出!?【ざっくりゲームニュース】

Steam『Haydee』特設ページより。

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 本日はPC向けダウンロード販売プラットフォーム「Steam」にて配信されている、とある新作タイトルが話題になっているというニュースから。その新作タイトルとは、『Haydee』というTPS(三人称視点)のアクションパズルゲームで、一見するとオーソドックスな3Dゲームだ。しかし、話題となっているのは本作のゲーム内容ではなく、題名にもなっている主人公のHaydeeである。Haydeeは半分人間のロボット娘なのだが、ボディは爆乳かつ巨尻と肉感的であり、露わとなっているムッチリとした褐色の太ももは実に艶めかしい。この属性てんこ盛りの姿に、Twitter上では「Haydeeやばい。フェティシズムの暴力や……」「ケツに目がいきすぎて画面に集中できない」と大絶賛。その一方で、「序盤で詰みまくって変な笑い出るわw」「ものの数分でケツのことは頭から消え失せガチでパズルを解き始めてる 」といったように、難易度は非常に高い模様。とはいえ、本作の価格は1,480円(税込)とリーズナブルであるため、彼女の姿に惹かれて購入するユーザーは多そうだ。

 次に株式会社カプコンは今週29日、PS4専用サバイバルホラーゲーム『バイオハザード バリューパック』をリリースした。本作はPS4版『バイオハザード オリジンズコレクション』のディスク、PS4版『バイオハザード4・5・6』のダウンロード用プロダクトコード、復刻版サウンドトラック『biohazard HD REMASTER COMPLETE SOUNDTRACK』を収録した豪華版だ。大ボリュームにもかかわらず、「バイオ」にちなんで、価格は8,100円(+税)と抑えめなのは嬉しい。今となっては貴重なサウンドトラックCDも手に入るが、数量限定なので逃さないように気をつけたい。

 名作サバイバルホラーのリリース情報といえば、こちらにも注目したい。株式会社スパイク・チュンソフトは、PS4専用アクションRPG『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』をリリース。本作は『デッドアイランド』シリーズをセットにしたタイトルで、配信されたDLC(追加コンテンツ)も全て収録しているほか、有志が制作したMOD(拡張パック)を参考にした新要素「ワンパンチモード」も実装。キックやパンチでゾンビをたやすく蹴散らせるため、サバイバルに疲れた時のストレス解消にピッタリだ。他にも、レトロゲームを意識した新作として、横スクロールアクションゲーム『デッドアイランド:レトロリベンジ』も収録。価格も5,000円(+税)とお手頃なので、今年のハロウィンシーズンは、本作のマルチプレイで盛り上がってみてはいかが?

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイト・参考サイトは以下より
・Steam『Haydee』
http://store.steampowered.com/app/530890/
・PS4版『バイオハザード』作品をまとめて楽しめる『バイオハザード バリューパック』が数量限定で緊急発売!
http://www.capcom.co.jp/game/content/biohazard/info/game/1338
・『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』公式サイト
http://www.spike-chunsoft.co.jp/didc/

関連記事(外部サイト)