「さすが俺達のイリュージョン!」美少女ゲームメーカー・ILLUSIONがVR“専用”成人向けゲーム『VRカノジョ』発表! 某ゲームと似ていると話題に!?

ゲームメーカー・ILLUSIONがVR専用成人向けゲーム『VRカノジョ』発表、パクリ指摘も

記事まとめ

  • 美少女ゲームメーカー・ILLUSIONがVR専用の成人向けタイトル『VRカノジョ』の制作発表
  • 「さすがにパクリすぎだろ」という、『サマーレッスン』との相似性を指摘する声も
  • 『サマーレッスン』はバンダイナムコエンターテインメントのPlayStation VR専用ゲーム

「さすが俺達のイリュージョン!」美少女ゲームメーカー・ILLUSIONがVR“専用”成人向けゲーム『VRカノジョ』発表! 某ゲームと似ていると話題に!?

「さすが俺達のイリュージョン!」美少女ゲームメーカー・ILLUSIONがVR“専用”成人向けゲーム『VRカノジョ』発表! 某ゲームと似ていると話題に!?

ILLUSION『VRカノジョ』公式サイトより

 美少女ゲームメーカー・ILLUSIONが13日、VR“専用”の成人向けタイトル『VRカノジョ』の制作を発表! ティザーサイトも立ち上げられ、「Oculus Rift」「HTC Vive」対応であることや17年1月下旬という発売予定、先行して10月28日より体験版配信予定などいった情報、さらにゲームのでもムービーなどを一挙に公開した。

 ILLUSIONは、1998年ごろと比較的早くから3DCGを利用したゲーム制作に取り組んでおり、近年は発売してきたゲームのほぼ全てが3DCG作品。一方で近年リリースされた作品ではVR対応の追加データを配信したりと、VRにも早くから対応していた。

 しかもILLUSIONの公式ブログでは「「Oculus Rift」「HTC Vive」“対応”ではなく、“専用”です。その空間を、存在感を、かつてない次元で体感できるVR専用タイトル。」と自信満々なだけに、より期待が膨らむというもの。

 さて『VRカノジョ』は、主人公の近所に住んでいるヒロイン・夕陽さくらに勉強を教えることにあった主人公が、彼女の家で勉強しながら距離を縮め、イチャイチャし、そして成人向けゲームならではの展開を迎える……というバーチャルリアリティ・カノジョ体験ゲーム。公開されたデモムービーを見ると、さくらちゃんの表情や乳揺れに固さが見られるものの、動きはそこそこ滑らかだし、広い視野も確認できる。

 ネット上を見ても評判はまずまずなのだが、それ以上に目立つのが「イリュージョンさん、これはまずいですよ!w」「あの子とそっくりだな」「さすがにパクリすぎだろ」「サマレやんけ、これ」という、『サマーレッスン』との相似性を指摘する声だ。

 バンダイナムコエンターテインメントが手掛けた“PlayStation VR専用ゲーム”『サマーレッスン:宮本ひかり セブンディズルーム』は、今時の女子高生・宮本ひかりの家庭教師となった主人公が、彼女との距離を縮めていく――といったゲームで、設定はたしかにそっくり。女の子とのイチャイチャをVRで体験してみようというのが『サマーレッスン』のセールスポイントであり、ゲームとして設定などに特別凝っているわけではない。

 ありがちといえばありがちな設定ではあるのだが、2作が似ているのは設定だけにとどまらず、制服(っぽい)姿にポニーテールと、両作のヒロインのビジュアルも共通している部分が多い。しかも公式サイトで見られる、2人の右手を差し出すというポーズも似ているといえば似ている。ネット上で相似性を指摘する声が上がるのも無理はない。

 ただ、「似ている」という声は多いのだが、「パクリだ!」と怒り出すような反応は意外と少ないようだ。むしろ「さすが俺達のイリュージョン!」「こういうとき、本当にフットワークが軽いよな」と、ILLUSIONのスタンスを褒める物好き、「これどこまでできるの? エロいけるなら、こっち買う!」「これは少子化がますます加速しそう」と喜びの声を上げるファンも多かった。

 加えて「VHSしかり、やっぱりエロがないとな」「パンツも見れないとか、『サマレ』の自由度が思ったより低いから、こっち来る人多そう」と冷静な声も目立ったが、『VRカノジョ』は、どんなVR体験をもたらせてくれるのだろうか。発売、体験版の配信が楽しみだ。

 なお、『VRカノジョ』は
対応OS:Windows 7 / 8.1 / 10 64bit
DirectX:DirectX 11 に対応した環境
CPU:Intel Core i5 4590 以上
メインメモリ:実装 8GB 以上
HDD空き容量:未定
グラフィック:NVIDIA GTX 970 or GTX 1060以上 / AMD R9 290以上
――と求められるスペックが高そう。「Oculus Rift」「HTC Vive」とあわせると、そこそこいい金額になってしまいそうなので、しっかりとした準備を心がけよう。

関連記事(外部サイト)